ヨセミテ国立公園へ行こう!旅行記ブログで見どころ紹介!

スポンサーリンク



こんにちは。

海外旅行ネタ、アメリカ編です。

今回は、アメリカ西海岸のカリフォルニア州にある、ヨセミテ国立公園について紹介します。

年間500万人が訪れる、最も有名な国立公園のひとつです。

日本人でも知っている方は多いのではないでしょうか。

ツアーで行くのも良いですが、私のおすすめはやっぱり時間に縛られない個人旅行!(もちろん一人旅も!)

ヨセミテの大自然を、気の向くままに満喫しましょう!

今日は、そんなヨセミテ国立公園への旅行プランを立てるのに役立ちそうな情報を、体験談をもとに紹介していきます。

ヨセミテ国立公園の行き方

まずは、ヨセミテ国立公園までの行き方です。

日本から行く場合、出発点はサンフランシスコになります。

サンフランシスコから、ヨセミテ国立公園までは、車で約4時間半の道のり。

 

約半日がかりで移動です。

日本からサンフランシスコへのフライトは、午前中に到着が多いと思いますので、その日は無理せず休みましょう。

長時間フライトのあと、すぐに長距離ドライブは大変ですし、危険です。

せっかくですので、サンフランシスコ市内も観光しちゃいましょう!

サンフランシスコ1泊2日旅行記!ゴールデンゲートブリッジの周遊クルーズ!

2017.02.19

皆さんご存知のゴールデンゲートブリッジは、もちろん一番の人気観光スポットです。

しかし、私がおすすめしたいのは、アルカトラズ島!

アルカトラズ島の観光体験記!チケットは事前予約が必須!

2017.05.04

こちらも、ゴールデンゲートブリッジに引けを取らない人気スポットです。

事前に予約しておかないと、フェリーチケットが購入できないので、興味ある方はお早めに。

ヨセミテ国立公園の入場料

さて、サンフランシスコでゆっくりしたら、ヨセミテ国立公園へ出発です。

長時間なので、休憩しながら気楽に行きましょう。

ヨセミテ国立公園の入口に近づいてくると、料金所があります。

ヨセミテ国立公園の入場口。乗車したまま料金を支払い!

入場料は、30USドルで7日間有効です。

さすがに7日間も滞在する人はいないと思いますが、見所が多いので、最低でも2泊はしたいですね。

ヨセミテ国立公園の入場料は30USドルで、7日間有効!クレジットカード払いが好ましい!

ゲートを通過すると、いよいよヨセミテ国立公園へ突入です。

ヨセミテ国立公園内では、携帯電話が使用できません。宿泊するロッジではwifiが使える場所もありますが、基本的にはスマホは封印して、大自然を楽しみましょう。

10分ほど車で走ると、ヨセミテの大自然が目の前に現れます!

路肩には、駐車できるスペースが設けられている場合が多いです。

気に入った場所があれば、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

ヨセミテバレー(ヨセミテの中心部)に入ったら、まずは宿泊するホテルへ向かいましょう。

ヨセミテ国立公園の宿泊施設(ホテル)

ヨセミテ国立公園を訪れる場合のホテルは、ヨセミテバレー内が断然おすすめ!

なぜなら、早朝から観光に出かけられるからです。

ヨセミテにはたくさんのトレイルコース(ハイキングコース)がありますが、早朝は人も少なく、歩きやすいです。

例えば、近郊のマリポサ(Mariposa)という町に宿泊する場合、ヨセミテバレーまでは車で一時間かかります。

トレイルで疲れた後に、山道一時間のドライブは大変ですよね。

ヨセミテバレー内の宿泊施設は高いですが、せっかく訪れるのであれば、ここはけちってはいけません!

朝から晩まで、ヨセミテの大自然を満喫しましょう!

ヨセミテバレーには、以下の宿泊施設があります。

  • The Majestic Yosemite Hotel
  • Yosemite Valley Lodge
  • Half Dome Village
  • Housekeeping Camp

これらのホテルはヨセミテ国立公園が管理しており、以下のホームページから予約できます。

Yosemite National Park|TravelYosemite.com

では、簡単にそれぞれの特徴を紹介しておきます。

 

マジェスティックホテル(The Majestic Yosemite Hotel)

ここは紛れもなく、一番の高級ホテル!

格式高い感じで、オバマ大統領も宿泊したホテルです。

その他、スティーブ・ジョブズも結婚パーティを行ったことで有名なんだとか。

一度は泊まってみたい憧れのホテルですね~

ただし、人気が高く、予約をとるのはかなり困難です。(値段も高いです!一泊500USドルとか…)

 

ヨセミテバレーロッジ(Yosemite Valley Lodge)

続いて、ヨセミテバレーロッジです。

こちらは、中級ホテルといった位置づけでしょうか。(一泊約250USドル)

一般人が宿泊するには十分で、各部屋にバス・トイレ付です。

ただし、基本的にはこちらも予約困難ですので、計画はお早めにどうぞ。

 

ハーフドームビレッジ(Half Dome Village)

こちらは、テントキャビン型の宿泊施設です。

バス・トイレは共同で比較的安価なため、予約はとりやすいです。(一泊約150USドル)

私は二ヵ月前に予約しましたが、ここは空いていました。笑

レストランやショップは充実してますし、個人的には全然満足できました。

ヨセミテバレーに宿泊!ハーフドームビレッジ体験記!

2017.05.16

特に、若者やアウトドア派におすすめです。

 

ハウスキーピングキャンプ(Housekeeping Camp)

こちらも、テントキャビン型の宿泊施設です。

正直あまり情報ないですが、ハーフドームビレッジより、さらにアウトドアな感じっぽいです。

寝袋を持参する感じですね。

値段もさらに安く、一泊約100USドル。

よっぽどアウトドアに慣れている方であれば問題ないかもしれませんが、私は予約がとれればハーフドームビレッジをおすすめします。

尚、各ホテルの写真はこちらの予約ページから確認できます。

Yosemite National Park|TravelYosemite.com

ヨセミテバレー内は無料シャトルバスで移動可

ヨセミテバレー内で運行されている無料シャトルバス!

続いて、ヨセミテバレー内の移動手段について紹介します。

ヨセミテバレー内は、無料シャトルバスが巡回しているので、基本的には車なしでも観光できます。

宿泊するホテルの駐車場に停めておきましょう。

各ホテルや観光スポットには、バス停が設けられていますので、ホテル~観光スポットを自由に行き来できます。

バス停は全部で21ヶ所。

見た目はこんな感じです。

シャトルバスのバス停は、各宿泊施設にある!

シャトルバスの運行時間は、下記の通りとなっています。

ただし、時期によって多少違いがあるかもしれません。(この時は、5月上旬)

シャトルバスのスケジュール!昼間は20分に一本の間隔で運行!

一応、抜粋しておきます。

  • 7:00-10:00,  30分に一本
  • 10:00-19:00, 20分に一本
  • 19:00-22:00, 30分に一本

 

夜もけっこう遅くまであるので、助かりますね。

ちなみに、サマータイムの関係もあり、5月初旬でも日の入は20時くらいでした。

ヨセミテ国立公園の見どころ(観光スポット)

お待たせしました。

やっと、ここから見どころ(観光スポット)です!

トレイルコース

ヨセミテと言えば、やっぱりトレイル!

行くと実感できると思いますが、頑張って登った後に見える景色と達成感は、やっぱり格別!

一つでも良いので、ぜひ挑戦してみて下さい。

ヨセミテ国立公園にあるトレイルコースは下記。

ヨセミテ国立公園のトレイル情報(ヨセミテガイド、Apr5-May16, 2017より)

※1マイル≒1.6km、難易度はEasy, Moderate, Strenuous, Very Strenuousの4段階

この内、私が体験してきた4つのトレイルコースについて紹介します。

私が訪れたのは5月初旬でしたが、グレイシャーポイントはまだクローズしていました。例年、5月中旬くらいに開通するみたいです。

 

アッパーヨセミテ滝(Upper Yosemite Fall Trail)

アッパーヨセミテ滝と、ヨセミテバレーが一望できる定番トレイルコースです。

詳細はこちら。

アッパーヨセミテ滝トレイル体験記!ヨセミテバレーも一望可能

2017.05.13

 

ローワーヨセミテ滝(Lower Yosemite Fall Trail)

こちらは、完全に初心者コースです。

山道もなく、所要時間は約20分。

なので、小さなお子さん連れとかにおすすめですね。

ローワーヨセミテ滝!水しぶきはけっこう飛んできます!

 

バーナル滝&ネバダ滝(Vernal&Nevada Fall)

このトレイルコースは、私の一押しです。

途中、けっこう険しい道もありますが、ネバダ滝の頂上からの景色は絶景です!

詳しくはこちら。

ヨセミテのバーナル滝&ネバダ滝トレイルは絶景満載!

2017.05.10

 

ミラーレイク(Mirror Lake)

ここは初級トレイルコースです。

ローワーヨセミテ滝と同じく、山道がない平坦なコースで、所要時間は約1時間。

私も行ってみましたが、いわゆるミラーレイクのポイントがよく分かりませんでした。

看板あったけど、絶対ここじゃないよなぁ…

ミラーレイクの看板があるが、期待はずれ…?!

時期とか関係あるのかな~とも思いましたが、多分他にきれいに見える場所があるはずです。

もう少し奥まで行ってみましたが、これが限界。笑

ここもきれいだし、歩くのは気持ちよかったから満足したんですけどね。

でも、やっぱり観光本とかに載っている景色の所へ行きたかったなぁ…。笑

以上で、トレイルの紹介は終了です。

おすすめ写真スポット

続いて、私がおすすめしたい写真撮影スポットを二つ紹介したいと思います。

ヨセミテ国立公園内は、実際どこに行ってもきれいな景色は見られます。

ここ以外にも、自分のお気に入りポイントを探してみるのも面白いかもしれませんね。

何はともあれ、時間はたっぷり確保しておきましょう。(弾丸ツアーとかダメ!)

 

スウィンギング・ブリッジ(Swinging Bridge)

さて、まず最初のおすすめ写真スポットは、こちらのスウィンギング・ブリッジ!

元々は、揺れるつり橋だったため、このような名前がついたとか。(今はちゃんとした橋になっています)

場所はこちら。

 

行き方ですが、シャトルバス#7を降りて、南下します。(アッパーヨセミテ滝トレイルへ続くCamp4とは反対側の方)

こんな看板があるので、分かると思います。

スウィンギング・ブリッジへ行くには、バス停#7を降りてこの看板の方へ!

バス停から歩いて10分くらいで到着です。

ヨセミテ国立公園内にあるスウィンギング・ブリッジ!

ここから見える景色がこれ!!

めっちゃきれい!

スウィンギング・ブリッジから見える景色は最高!

青空、木の緑、そして湖面は鉄板ですね。

ヨセミテ滝もきれいに見えます。

パノラマ写真はこんな感じ。

個人的には、ヨセミテの必見ポイントだと思いますので、ぜひ訪れてみて下さい。

 

ハーフドームビレッジ西側の道

続いてのポイントは、ハーフドームビレッジの西側の道です。

バス停で言うと、#14または#20。

ハーフドームビレッジに宿泊の方は、本当にすぐ隣です。

ハーフドームビレッジ西側の道路の景色!正面にはハーフドーム!

こんな感じの場所はたくさんありますが、個人的にはけっこう気に入りました。

正面にはハーフドーム、右手には小さな湖。

パノラマ写真がいい感じに撮れました。

以上で、ヨセミテ国立公園の観光スポット紹介は終わりです。

ヨセミテバレー内の施設

続いて、ヨセミテバレーにある施設を紹介します。

バス#5(または#9)にある、ビジターセンターに集中していますので、滞在期間中に、一度は訪れてみましょう。

シャトルバス#5(or9)には、ビジターセンター、博物館、郵便局等がある!

正面には、ビジターセンター(Visitor Center)

日替わりで、ヨセミテ国立公園の歴史や文化についての上映があります。(有料で大人一人10USドル)

ヨセミテ国立公園のビジターセンター

左手には、博物館。

オープン時間は、毎日9:00~17:00。

ヨセミテ博物館。毎日9:00~17:00までオープン!

右手に行くと、郵便局。

オープン時間は、以下の通り。

  • 月~金:8:30~17:00
  • 土:10:00~12:00
  • 日:休み

ヨセミテ国立公園にある郵便局!月~金:8:30~17:00、土:10:00~12:00、日:休み

せっかくなので、家族や友達にポストカードを出してみませんか?

海外旅行ではポストカードを送ろう!ネット時代だからこそ手書きは嬉しい

2016.09.04

ポストカードはお土産ショップで購入できます。

ヨセミテ国立公園での注意点

さて、最後に一つ。

ヨセミテ国立公園では、以下のポリシーを目にする機会があり、とっても共感しました。

“Take Nothing but Pictures. Leave Nothing but Footprints.”

日本語にすると、

”とっていいのは写真だけ、残してよいのは足跡だけ”

という意味になります。

とても大切なことですよね。

しかし、滞在期間中、残念ながらペットボトルが落ちているのを目にしたことがありました。

ヨセミテの素晴らしい自然を守っていくためにも、しっかりルールは守って楽しんで下さいね。

では、良い旅を!

尚、日程に余裕のある方は、こちらのセコイア国立公園にも足を延ばしてみて下さい。

セコイア国立公園へ行こう!日帰り観光コースを紹介!

2017.05.19

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢