タイのプリペイドsim購入方法@スワンナプーム空港

スポンサーリンク



こんにちは。

海外旅行で便利なプリペイドsim。今回はタイ編です。

使用にあたっては、simフリー端末を持っていることが前提になりますので、何それ?という方は、まずこちらをどうぞ。

スマホ代節約!simフリー端末と格安sim

2016.06.08

スワンナプーム空港でtrue move simを購入

タイに行かれる方が初めに到着するのが、バンコクの玄関口であるスワンナプーム国際空港。

余談ですが、この空港めちゃくちゃでかいです。

特に、出発ゲートがものすごくたくさんある印象。

まぁそれだけハブ空港化に力を入れているということでしょうか。

さて、そんなスワンナプーム国際空港に到着して荷物を受け取ったら、まずsimを買いましょう。

税関申告を抜け、出口でまず目にするのが、この看板。

IMG_20160815_171725

この看板の右手へ進むと、true moveのsimショップへ

これを見たら右へ進みましょう。

すると、赤/オレンジの派手なショップが見えてくると思います。

これが、今回私が購入したtrue moveというお店。

IMG_20160815_152544

他にもAISとdtacというキャリアがあるようですが、trueが一番お客さんが多そうだったので、こちらで購入。

後で知りましたが、trueは業界で第三位みたいです。

使い心地は特に不自由なく、店員も親切なのでおすすめです。

もちろん4Gも使用可能。

料金プランは期間に応じて5段階!

さて、まずは気になる料金プランについて。

期間とデータ使用量で、以下の5段階に分かれています。

  1. 3day, 1.0GB, 200 BAHT(約600円)
  2. 7day, 1.5GB, 299 BAHT(約900円)
  3. 10day, 2.5GB, 450 BAHT(約1,350円)
  4. 15day, 4.0GB, 600 BAHT(約1,800円)
  5. 30day, 9.0GB, 850 BAHT(約2,550円)

※1BAHT=3円で計算(2016年8月現在)

IMG_20160815_152559

タイのプリペイドsimであるtrueのラインナップ!旅行期間に応じて自分に合ったものを選択しよう

今回は、パンフレットにBest Sellerと書かれている②を購入。

日本からの旅行であれば、大体数日から一週間くらいが普通だと思いますので、②が自然と多くなるはず。

3日用は、東南アジア周遊でタイに少し立ち寄るケースなどが適しているかも。

設定はすべて店員さんにおまかせ!

プランが決まったら、店員さんに話しかけて購入しましょう。

“3day”とか”7day”と言って、simフリー端末とパスポートを渡すだけでOKです。

パスポートは顔写真のページを撮影されて、どこかに登録されているようです。まぁ悪いことしなければ大丈夫なので、気にせずに。

さて、次はsimのサイズ。

nano/micro/standardのいずれかを伝えましょう。

分からなければ、店員が調べてくれますが、伝えると手続きがスムーズ。

後は、simを挿入してモバイルネットワークの設定。

しかし、ここらへんの難しい設定は、全て店員がやってくれます。

しかも操作がめちゃくちゃ速く、あっという間に完了します。

ネットが繋がるのを確認したら終了。

お客さんはたくさんいましたが、店員がものすごい早さで対応していきます。

さすがプロ。やはり餅は餅屋ですね。

残高&データ使用量の確認方法

最後に、意外と重要なこれ。

通話の残高と、ネットのデータ使用量を確認する方法を紹介しておきます。

普通に使っている限り、おそらくほとんどの方は足りると思いますが、気になる方は一度確認してみましょう。

それぞれ、番号を押して発信するだけなので、とっても簡単。

通話残高の確認方法

通話残高確認は、*123#で発信

通話残高確認は、*123#で発信

すると、以下のメッセージが表示されます。

残り100BAHT, 有効期間は9/14(開通から一ヶ月後)ですね。

true-sim-02

データ使用量の確認方法

データ使用量の確認は、*900#で発信

データ使用量の確認は、*900#で発信

すると、以下のメッセージが返ってきます。

容量1.5GBに対して、現時点で234.48MB使用済ということ。

Google翻訳しても良いですが、ほしい情報はこの数字だけで十分かと思います。

true-sim-04

true move simのtop up方法

一応、最後にtop up方法についても触れておきます。

simを購入すると、以下の説明書がついてきますので、それに従います。

IMG_20160816_140728

true move simのtop up方法!コンビニで簡単にチャージ可能

コンビニで簡単にtop up可能なようです。

番号とチャージ額を伝えれば手続き完了。

最後に、前節の残高確認方法で、top upできたか確認してみましょう。

以上、今日はタイのプリペイドsimであるtrue move simの買い方と使い方について紹介しました。

スマホとネットを活用し、快適なタイ旅行を満喫して下さいね。

investor M
今日のまとめ
タイのプリペイドsimはスワンナプーム国際空港に到着してすぐに購入可能。true moveのsimであれば、7日間1.5GBで299BAHT(約900円)。手続きは全て店員が代行してくれるのでとても簡単&便利!

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢