スリランカのビザ申請方法!ETAオンライン取得が便利!

スポンサーリンク



こんにちは。

スリランカ旅行記シリーズ第二弾です。

前回は旅行計画ということで、スリランカという国、航空券、そして観光ルートについて紹介しました。

【スリランカ旅行記1】

魅惑の国スリランカ旅行を計画!航空券と周遊ルートは?

2016.12.15

第二回目の今日は、スリランカ入国ビザの申請方法について紹介していきます。

スリランカ入国にはビザが必要!取得方法はオンラインと現地の二種類

さて、タイトルでお分かりの通り、スリランカへ行く場合は入国ビザが必要です。(ただし、シンガポール/モルジブ国籍の方は30日以内ならビザ不要)

日本のパスポートでビザが必要な国はけっこう珍しいですよね。

メジャーな国だとアメリカやオーストラリア、ブラジルくらいでしょうか。

不便でお金もかかりますが、スリランカへ入国するためには必須なので、申請しましょう。

申請方法は二種類。

①オンラインで事前に申請するか、②現地(スリランカの空港)についてから申請するかです。

現地空港で取得する場合は、値段が高くなる&行列に並ぶ必要があるので、事前のオンライン(インターネット)申請がおすすめ。

現地空港でビザを取得する場合は、行列に並ぶ可能性大!

オンライン申請だと費用は35米ドル、現地申請だと40米ドルです。

また、観光ビザの有効期限は30日で、2回まで入国可能です。

スリランカの観光ビザは、オンライン申請だと35米ドル、現地空港での申請だと40米ドル!

尚、上記画面にも記載がありますが、滞在が2日間までのトランジットビザ(乗り換えで立ち寄る人用のビザ)であれば無料で申請できます。

オンライン申請は、ETA(Electronic Travel Authorization)と呼ばれ、スリランカの入国管理局のウェブサイトから申請可能です。

それでは、具体的な手順を見ていきましょう。

オンライン(ETA)によるビザ申請方法!所要時間は約10分!

まずは、以下のスリランカ入国管理局のウェブサイトにアクセスします。

スリランカ入国管理局ウェブサイト

ビザ申請にあたっての注意事項

サイトへアクセスすると、以下のメッセージが出てきますが、単なる注意(お知らせ)なので、OKを押して下さい。(日本から個人観光で訪れる方には無関係です)

 

続いてもメッセージがでますが、OKして次へ。(こちらは単にシステム一時停止のお知らせ)

サイトへアクセス出来たら、日本語を選択しましょう。

すると、以下の画面が表示されますので、”適応”タブを押して申請を開始します。

おそらく、英語のApply(申請する)を適応と訳してしまってます。海外っぽいですね。笑

スリランカの入国ビザ申請サイト。適応タブを押して申請を開始しよう。

すると、ETAに関する注意事項が出てきますので、同意(I Agree)して次へ。

尚、ここから全て英語になりますが、海外旅行ではお馴染みの項目ばかりなのでご心配なく。

利用規約を読んだら、同意(I Agree)して次へ

尚、内容を要約すると以下の通り。

  1. 往復航空券と、スリランカ滞在に必要なお金を持っていることを入国時に提示する。
  2. 雇用:スリランカ滞在中には、賃金の有無に関わらず、雇用に従事してはならない。
  3. 費用支払い:ビザ申請費用は、申請後にクレジットカードで即決済され、返金はできません。
  4. コミュニケーション:このサイトを使用することで、スリランカ入国管理局があなたへemailまたは別の媒体で連絡することを認めます。
  5. 正確:あなたは真実で正しい情報を申請しなければなりません。
  6. 使用制限:このサイトを、ビザ申請目的以外に使用してはいけません。
  7. (1)申請事項:パスポート番号、国籍、生年月日は正しく申請しなければなりません。(提出前に再確認して下さい)
    (2)入国の際は、オンライン申請で使用したものと同じパスポートを使用しなければなりません。

 

…要は、

  • 航空券と旅行費用はちゃんと準備してね
  • 悪いことしないでね
  • 情報は正確に入力してね
  • ビザ申請費用は返金(キャンセル)できません

ということです。

同意すると、以下のページに進みます。

“Apply for an Individual”を選択しましょう。(本記事では、個人用の観光ビザが対象です)

個人用の観光ビザ取得は、”Apply for an Individual”を選択!

すると、入力フォームに進みますので、順番に入力していきましょう。

ビザ申請フォームの入力方法

画像ファイルに日本語訳を書きましたので、ご参考にどうぞ。

※Occupationは職業です。必須ではありませんが、入力しておきましょう。

 

続いて、以下のフォームですが、ここは入力不要ですので無視して下さい。(日本では、親のパスポートに子供の情報併記なし)

 

次は到着予定日と、入国目的。

観光ビザなので、Sightseeingを選択します。

航空券の情報は分かっていれば入力しておきましょう。

 

次は連絡先です。

スリランカの滞在先は、初日のホテルの住所を書いておけばOK。

Emailアドレスは、申請完了後にビザが送られてくるので、間違えないよう注意しましょう。

電話番号は、日本の場合、国番号が81で、その後は先頭の0をとった電話番号を続けます。

 

さて、ようやく最後の項目である申告。

まず、1-3は全てNoを選択します。(Yesがあると申請できません)

ちなみに、意味は以下の通り。

  1. 有効なスリランカ居住ビザを持っていますか?
  2. 現在スリランカに滞在していますか?
  3. 複数の入国ビザを持っていますか?

セキュリティチェックは、表示画像の文字または数字を入力します。

見にくい場合は、更新ボタンを押せば、新しい画像に切り替えることが可能です。

最後に、一番下のチェックボックスを入れ、Nextボタンを押して入力フォームは全て完了。

あと少しで申請完了です、頑張りましょう!

ビザ申請(入力)内容の確認

さて、次のページでは、これまで入力した全情報が表示されるので、間違いがないか確認して下さい。

特に、パスポート番号やEmailアドレスは要チェックです。

確認できたら、”Confirm”をクリック。

 

すると、また注意が二つ出てきますので、OKを押して進みましょう。

”確認はできましたか?”

 

二つ目は、要するに、”申請する情報は正しいですか?”

ビザ申請費用は35米ドル&支払いはクレジットカードで

さて、続いてはビザ申請費用の支払いです。

使用可能なクレジットカードは、Master, VISA, American Expressの三種類。

自分の使用するものをクリックしましょう。

スリランカの入国ビザ申請の支払いに使えるクレジットカードは、Master, VISA, America Expressの三種類!

 

次はクレジットカードの情報を入力します。ここは説明不要ですね。

全て入力できたら、”Pay”を押して支払い完了です。

スリランカのビザ申請が完了!メールですぐに受け取り!

支払いが完了すると、ようやくビザ申請が完了。

お疲れさまでした。

次の画面が表示され、無事にビザ取得です!

すぐにメールで同じ画面が送られてきますが、念のため印刷もしておくと安心ですね。

以上でスリランカの観光ビザ申請手続きは全て完了!

 

さぁ、次のスリランカ旅行記第三弾はいよいよ現地へ出発です!

【スリランカ旅行記3】

スリランカのDialog simカード購入方法@バンダナライケ空港

2016.12.23

スポンサーリンク












6 件のコメント

  • ETA-onlineでセキュリティ・チェックが出て来ないのですが、なにか間違っているのでしょうか?
    判ればば教えてください。宜しくお願いします。

    • すみませんが分かりません。申請が出来ないという事でしょうか?セキュリティチェックが出てこなくても、先に進めれば問題ないのでしょうが…。

      • こんにちわ!
        私は中国に住んでいるのですが、先日一次帰国し再トライしてみたらできました。東京ではセキュリティ・チェックが出てきました。Visa申請できました。試しに中国に戻ってから再度やってみましたが、やはりダメです。ちなみに香港ではOKでした。お手数お掛けしました。ありがとうございました。

        • 無事に申請できたみたいで良かったです!国によって違いがあるのかもしれませんね。

  • ありがとうございます。Visa情報、TAXI情報助かりました。安心してスリランカに行けます。

  • 教えて下さい。スリランカETAビザ、第二段階(申請書記入、確認)まではスムーズに進むのですが、確認画面でconfirmをクリックしてもペイメント画面に進みません。5~10分位待ってみたり、何度も最初からやり直したりしましたが駄目でした。土曜日で回線が混雑とかの影響とかあるのでしょうか?
    PCはウインドウズ8.1です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    investor M

    資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢