バンダナライケ空港からニゴンボへ!深夜は空港タクシーが安心

スポンサーリンク



こんにちは。

スリランカ旅行記第四弾です。

前回はスリランカのバンダラナイケ国際空港に到着し、旅の必須アイテムであるsimカードの購入方法について紹介しました。

【スリランカ旅行記3】

スリランカのDialog simカード購入方法@バンダナライケ空港

2016-12-23

今回は、バンダラナイケ国際空港からほど近いリゾート地、ニゴンボ(ネゴンボ)への移動について紹介します。

旅行記1(スリランカ旅行計画記事)にも触れましたが、空港からは大都市コロンボよりも、ニゴンボの方が近距離。

なので、空港からまずはニゴンボへ行く観光客やツアーも多いです。

【スリランカ旅行記1】

魅惑の国スリランカ旅行を計画!航空券と周遊ルートは?

2016-12-15

特に深夜に到着する場合は、なるべく空港から近いニゴンボへの宿泊がおすすめです。

空港からニゴンボへの移動手段はバスかタクシー

さて、空港からニゴンボへ移動する手段は大きく分けてバス(ローカル)とタクシーの二通りです。

他にもスリーウィラー(3輪自動車でトゥクトゥクみたいなもの)がありますが、タクシーの部類に入ると思います。

ローカルバスは圧倒的に安いが、出発は20:00まで

料金を考えると、やはり安いのはバス。

空港→ニゴンボは、わずか70Rs(=約60円)ほどのようです。

ただし、空港からニゴンボへの直通バスはなく、近くのバスターミナルで乗り換えなければなりません。

見知らぬ土地で、いきなりローカルバスの乗り換えはなかなかハードルが高い…。

また、ニゴンボ行きのバス出発は20:00までのようなので、深夜に到着する場合はバス移動は不可。

昼間に到着し、時間に余裕のある方にだけおすすめできる手段ですね。

参考:コロンボ空港に到着!荷物預けバスでネゴンボへ、ビーチにも

料金は高いが、空港タクシーが安心でおすすめ

さて、私はタイ国際航空のTG307便を利用したので、バンダラナイケ空港に着いたのは、深夜00:10。

そこから入国手続き、荷物受け取りなどしていると、出口へ着いたのは結局1:00でした。

もう少しフライト時間を早く設定してくれると嬉しいんですが…。

バスはないので、タクシーでニゴンボへ向かいます。

事前に調べた情報では、空港内にタクシーカウンターがあり、そこでチケットを購入可能との事。

タクシードライバーと個別に交渉しなくて良いので、安心ですよね。

というわけで、まずはタクシーチケット売り場を目指します。

空港内のカウンターでタクシーチケットを購入!料金は1800Rs

税関を抜けてすぐ右側に、Airport Taxiと書かれたカウンターがありました。

さっそく、”To Negombo!”と行き先を告げると、1,800Rsとの返答。

1,400Rs~と地球の歩き方に書いてあったので、高くない?!と思いつつも、他に手段がないので支払う事に。

外で流しのタクシーと交渉した方が安いかもしれませんが、空港タクシーはチケットがもらえるので、やはり安心です。

バンダラナイケ空港のタクシーチケット!ニゴンボまで料金は1,800Rs

係の人が案内してくれるので、ついていくと、車は白いバン!(深夜で写真撮り忘れました)

一人だともったいないですが、大人数でも大丈夫です。

ドライバーの感じも良さそう。

ホテルの場所を見せてもピンときてませんでしたが、電話番号を教えると、ホテルに電話して場所を確認してくれました。

これなら大丈夫そうと一安心。(まぁGoogle Mapがあるので最悪こちらが案内できますが)

道に出てみると、日本と同じ左車線!

そういえば、運転席も右ハンドル。

さすが元イギリス領ですね。(イギリスの元植民地系の国は、日本と同じ右ハンドル左車線です)

所要時間は約30分!ビーチリゾートのニゴンボへ到着!

バンダラナイケ国際空港から約30分で、無事ニゴンボのホテルへ到着しました。

ホテルが立ち並ぶリゾートエリアは、ニゴンボ中心街(タウン)から離れており、少し北の方にあります。

ドライバーに1,800Rs支払おうとすると、

”ここはニゴンボ(中心街)じゃないから、2,000Rsね!”と言い出しました。

時刻は既に深夜2:00前…、面倒くさいのでそのまま支払いました。

まぁ、ホテルのオーナーに電話して、チェックインできるまで見送ってくれたので、良しとしましょう。

何とか無事にチェックインし、この日はそのまま爆睡。

尚、今回私が宿泊したのは、こちらのホテル シャネロ(Hotel Shanelo)

 

値段は一泊51米ドル(=7,599Rs)と、リゾートエリアにしては安めですが、部屋はきれいでスタッフもとても親切でした。

ニゴンボのリゾートエリアにあるホテル シャネロ

解放感があっておしゃれなロビー。

ロビーは開放的でおしゃれなデザイン

朝食も美味しいです。

フルーツ、ココナッツ入りのスリランカパンケーキ、他にトーストと卵料理も付きます。

ココナッツ入りのスリランカパンケーキは甘くて美味しい!

ビーチもすぐ近くで、前の道から見えるほど。

ホテルの前の通りの景色!ビーチまでは歩いて数分!

ニゴンボのビーチを散歩してから次の町へ!

さて、空港から近いニゴンボに一泊した後は、文化三角地帯(拠点はダンブッラが主流?)へ向かう方が多いと思います。

弾丸ツアーだと、朝早く起きてすぐに移動というパターンかもしれません。

しかし、せっかくニゴンボに一泊したら、ビーチを見ていきましょう。

朝の散歩は涼しくて気持ちいいですよ。

ただし、物売りにはご注意を。(すぐにニーハオと言って声をかけきますので、無視しましょう)

さて、ニゴンボのビーチも満喫できたので、次は世界遺産巡りの拠点、ダンブッラを目指します。

【スリランカ旅行記5】

ニゴンボからダンブッラへバス移動!所要時間は約4時間!

2016-12-27

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢