スマホ代節約!simフリー端末と格安sim

スポンサーリンク



こんにちは。

今日はスマホの節約に関するお話です。

スマホ代金は毎月かかる固定費なので、節約できれば資産形成にはかなり効果的。

例えば毎月4,000円安くできたとして、年間で48,000円。

まぁ大した金額でないとも言えますが、10年経てば48万円です。塵も積もれば山となりますので、節約しておくに越したことはありません。

また、海外旅行でも使えるお話なので、この機会に少し勉強してみましょう。

スマホ料金はなぜ高い?

皆さんスマホは持っていますよね?

今の時代、一人一台が当たり前。人によっては数台もっていたりするかもしれません。

このスマホ、docomo, au, softbankなどの大手キャリアで契約していると、毎月6,000-7,000円の支払いになっているのではないでしょうか?

年間にすると10万円弱ですので、なかなか馬鹿にならない額。

一昔前のガラケー時代には考えられない額ですよね。その頃はせいぜい毎月数千円だったはず。

では、そもそもスマホの料金はなぜ高いのでしょうか?

理由はいろいろありますが、まずは利用可能なデータ量が多すぎること。

大手キャリアは毎月7GBとか使えますが、実際そんなに必要でしょうか?必要ないなら、料金は必要な分だけ払うシステム(=格安sim)に乗り換えるべきです。

続いて、店舗を持っていて人件費がかさむこと。

docomo,au, softbankのショップってそこら中にありますよね。イオンモールには必ずと言っていいほどあります。

店頭販売なので仕方ないですが、あれでは料金高くなるはずだよなーという印象。

まぁ携帯は店舗で買う物、という考えはまだまだ根強いので、ある意味仕方ないですけどね。

さて、ではスマホ料金を安くするためにはどうすれば良いかというと、少ない通信量だけど、その分安いもの(=格安sim)を使えば良いのです。

スマホの仕組みとは?

そもそもスマホ(ガラケーも仕組みは同じ)とは、大きく分けて端末(本体)とsimカード(通信システム)から成り立っています。

simカードとは、端末に挿入されている小さいカードの事で、これによって電話番号が定義され、インターネットに繋がっています。

つまり、正確には端末と電話番号が対になっているのではなく、simカードと電話番号が対になっているのです。

例えば、simカードを別の端末に差し込めば、同じ電話番号のまま使用可能。

初めての方にはなかなか分かりにくいですよね。パソコンに例えてみましょう。

端末はもちろんパソコン本体。simカードはLANケーブル、つまりインターネット回線です。

simカードを変えるということは、パソコンのネット回線契約を変えるのと同じです。simカードを変えても、基本的に端末はそのまま使えます。(ネット回線変えてもパソコンはそのまま使えるのと同じです)

simフリー端末を買おう

さて、スマホが端末とsimカードから成り立っていることは分かりました。

では、端末は今使っている大手キャリアのものがそのまま使えるのかというと、そうでもありません。

いわゆるsimロック/フリーというやつです。

日本の大手キャリアが販売している携帯電話は、他のキャリアで使えないようにロックがかけてあるのです。簡単に言うと、docomoで買った端末は、auのsimカード(回線)では使えませんよーという事。(最近は少しずつ規制緩和されてきているようですが)

よく端末の背面などに、docomoとかauとか刻まれていますよね?あれがその証拠です。

このシステム、私は前から違和感ありました。

携帯を作っているのはSonyやSamsungといった製造メーカーなのに、なぜdocomoやauの名前が入っているのか?

中には全く同じ端末(Xperia, Galaxy, iphoneなど)も存在します。

なぜでしょうか?パソコン本体であれば、もちろんNTTとか書かれていませんよね。

つまり、端末はメーカや家電量販店で買い、携帯ショップではsimカードを買うのが本来あるべき姿なのです。

ここで言う端末が、いわゆるsimフリー端末。

simフリー。つまり、sim選択が自由で、どこのキャリアのsimでも使える端末のことです。

まずはこれを入手しましょう。

私がよく利用するのは、海外ネット通販です。(日本だと香港から発送が多いですね)

日本で未発売のものが買えたり、好きな時に買い替えができるのでとても便利です。

もちろん大手キャリアのような二年縛りなどありません。そもそも二年縛りとか日本独自の謎システムですしね…。

格安シムとは?

simフリー端末を入手したら、次はいよいよ格安simです。

最近ではものすごくたくさんの会社から発売されているので、選択肢はかなり多いです。

私がsimフリーを使い出した2011年当時は、bmobileしか選択肢がなく、料金も3,000円と、かなり高めでした。

今では1,000円以下のsimが溢れていますので、本当に良い時代になりましたよね。

尚、simを選ぶポイントは以下。詳しい内容はまた別記事で紹介予定です。

・通信容量はどれくらいか?(1G?2G?)
・通信速度
・通話つきか、ネットのみか
・ simサイズ(Micro, Nano)

investor M
今日のまとめ
simフリー端末と格安simでスマホ代を節約しましょう。効果は年間約50,000円!

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢