シンガポールのリバークルーズ体験記!乗り方&乗り場は?

スポンサーリンク



こんにちは。

海外旅行ネタ、シンガポール編です。

今日は、マリーナベイから乗れる、シンガポールのリバークルーズ(Singapore River Cruise)について紹介します。

料金は大人一人25ドル、所要時間は約40分でした。

マーライオンやマリーナベイサンズ、クラークキー等を見て回れるので、それなりに満足できると思います。

では、順番に見ていきましょう。

リバークルーズの乗り場

まず乗り場ですが、ホームページによると、以下の8ヶ所あります。

出典:Singapore River Cruise

  • マーライオン パーク(MERLION PARK)
  • ベイフロント サウス(BAYFRONT SOUTH)
  • プロムナード(PROMENADE)
  • エスプラネード(ESPLANADE)
  • フラトン(FULLERTON)
  • クラークキー(CLARKE QUAY)
  • レッド ブリッジ(READ BRIDGE)
  • ボートキー(BOAT QUAY)

 

私は、一番分かりやすいマーライオンパークから乗りました。

シンガポールのシンボル、マーライオンはいつも観光客でいっぱい。

背中側から見てすぐ右側に、リバークルーズの乗り場があります。

マーライオンパークにあるリバークルーズ乗り場!

ここで、チケットを購入しましょう。

リバークルーズの料金

リバークルーズの料金は、以下となります。

  • 大人:25ドル
  • 子供(3~12歳):15ドル

 

尚、支払いは、現金のみ(CASH ONLY)となっていました。

観光客向けなのに、カードが使えないとは…。

シンガポールは先進国だと思っていたので、ちょっと残念です。

というわけで、現金50ドル札で一人分の25ドルを支払おうとすると…

「もっと小さいお金ない??」

と聞いてくる始末…。

(いや、2~3ドルのジュース買おうとしてるんじゃないよ、25ドルだよ?)

ふざけんなよ~と思いつつ、ぴったり払ってあげました。

海外あるあるですね、やっぱり日本は最高と実感しました。

 

さて、そんなこんなで購入したチケットがこちら。

リバークルーズの運行時間

リバークルーズの運行時間は下記の通りとなっています。

  • 9:00~22:30
  • 約15分間隔
  • 年中無休

 

この時は、ちょうど前の便が出発した後だったので、次の出発まで待つことに。

聞いていた通り、15分ほどすると、船がやってきました。

リバークルーズに乗船!所要時間約40分のコース!

係員にチケットを渡し、いざ乗船!

船の中はこんな感じです。

船の後方には、屋根のないデッキ席もあります。

ただし、暑いので個人的には船内の方がおすすめです。

 

出発して、マリーナベイを周遊します。

最初の乗り場はベイフロント サウス(BAYFRONT SOUTH)

この後、マリーナベイサンズの正面を通過します。

シンガポール・フライヤー(観覧車)も見えました。

続いて、マリーナベイを抜けて、川を西へ進んでいきます。

フラトン(FULLERTON)の周辺には、高層ビルが立ち並んでいます。

銀行が多いので、金融街みたいですね。

右手には、ヨーロッパ風の建物がたくさんありました。

いくつかの橋をくぐっていくのですが、それぞれの橋の歴史について、船内のビデオで解説してくれます。

興味ある方は、前方のモニター近くの席に座りましょう。

情緒ある雰囲気と、カラフルな建物。

続いて、クラークキー(CLARKE QUAY)に到着。

レストランが立ち並んでいるエリアで、日本語の看板(居酒屋?)もたくさん見えました。

さらに船は進み、一番奥のレッド ブリッジ(READ BRIDGE)へ

ここまできたら、折り返し。

帰りは行きとは反対側を進みます。

最後の乗り場は、ボートキー(BOAT QUAY)

川沿いには、色鮮やかな屋根の建物がたくさん。

各国レストランやバーが多い、ナイトスポットとなっています。

夜のクルーズだと、また雰囲気が違って楽しそうですね。

 

さて、しばらくすると、マーライオンパークに帰ってきました。

最後に、マーライオンの正面を通るので、記念撮影!(ちょっと遠いけど)

以上で、40分間のリバークルーズは終了。

基本的には、乗った所と同じ所で降りるシステムとなっています。

25ドルとそこそこの値段はしますが、暑いシンガポール観光の合間に、ちょうど涼しく休憩できました。

シンガポールに来たら、一度は乗船してみることをおすすめします。

では、良い旅を!

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢