シンガポールのsimカード購入方法@チャンギ国際空港

スポンサーリンク



こんにちは。

海外旅行ネタ、シンガポール編です。

今日は、シンガポールの玄関口であるチャンギ国際空港での、プリペイドsimカード購入方法について紹介します。

最近は、日本でもsimフリー端末や格安スマホが普及してきましたよね。

スマホ代節約!simフリー端末と格安sim

2016.06.08

b-mobileのおかわりsimが安い!スマホ代が月500円に?!

2016.08.07

simフリー端末をお持ちの方は、ぜひ海外でもsim購入にチャレンジしてみましょう。

日本と同じく、simカードを挿入してAPNを設定すれば、使えるようになりますよ。

simカードの購入場所(ターミナル1)

さて、まずはsimカードの購入場所です。

私が到着したのは、チャンギ国際空港のターミナル1。

荷物を受け取って出口を出た通りに、simカードを購入できる場所がありました。

ちょっと分かりにくいのですが、専門店ではなく、両替所になります。(店舗名はTravelex)

シンガポールのチャンギ国際空港でsimカードを購入できる場所は、Travelexという両替所!

ちなみに、隣には案内所、その隣にはスターバックスがありました。

右側の窓口の所に、確かに「Prepaid SIM Card Here!」の文字が。

(!とつけてるけど、これはかなり分かりにくいぞ…)

窓口には「Prepaid SIM Card Here!」の文字。Singtelのsimカードが購入できます。

さっそく、simカード購入を試みます。

…が、その前に手持ちの現金がなかったので、ついでにここで両替。

空港レートなので市内よりは悪いでしょうが、一応手数料は無料でした。

尚、私は念のため、プリペイドsimを買う時はキャッシュ(現金)で払うようにしています。

Singtel hi!Tourist simを購入!料金プランは3種類

さて、両替したお金でさっそくsimカードを購入です。

Singtelというキャリアの、「hiTourist」という旅行者向けプリペイドsimでした。

選べるプランは、以下の3種類(15$, 30$, 50$)がありました。

もちろん、全てプリペイドsimです。

「hiTourist」の料金プランは3種類!旅行期間に応じて選択しよう!

見にくいのでまとめると、

購入金額 ①15$ ②30$ ③50$
(sim二枚)
データ容量 4GB 10GB 20GB
国際通話 30分 90分 90分
国内通話 500分 無制限*1 無制限*1
国内SMS 100通 無制限*1 無制限*1
SNSアプリ 無料*2 無料*2
有効期間 5日 10日 10日

*1: 10日間で3,000分、5,000通まで
*2: Facebook, WhatsApp, WeChat, LINEが対象、1GB/日まで

 

いろいろ違いはありますが、結局は有効期間で決めればよいと思います。

旅行期間が5日以内なら15$プラン、6日以上なら30$を購入しましょう。

5日プランはデータ通信容量が4GBですが、十分すぎると思います。(よっぽどYoutubeとか見まくらない限り、必ず余るほどの容量)

私もこれを買いました。

「hiTourist」の15$プランを購入!有効期間5日間で、データ通信容量は4GB!

simカードのサイズは、この一枚で3種類(Normal, Micro, Nano)全てに対応しています。

購入したら、続いて設定です。

Singtel hi!Tourist simの使い方!APNは自動設定!

simの設定ですが、売り場の人は特にやってくれませんでした。

 

…と言っても、結果的にはsimを挿入するだけで即開通。

なので、設定は特にありません。

 

しいて挙げればAPNの設定ですが、自動でSingtelに設定されます。

私は以下の設定(自動設定)で使っていましたが、気になる方は(Prepaid)のhicardに変更しておきましょう。

APN設定は自動で完了!e-ideas(Postpaid)でも繋がるが、気になる方はhicard(Prepaid)を選択しよう。

一応、付属の説明書にも、APNは「hicard」と書いてありました。

データ容量の残高&有効期間の確認方法

最後に、これを紹介しておきます。

5日間で4GBは十分すぎるデータ容量ですが、やっぱり気になりますよね。

付属の説明書にも方法が載っていますが、「*100*1#」にダイヤルすればOKです。

hi!Tourist simのデータ容量の残高確認方法は、「*100*1#」にダイヤル!

すると、以下の画面が表示されて、SMSが送られてきます。

SMSには、データ容量の残高と、simの有効期間が書かれています。

ちゃんと英語で送られてくるので、分かりやすいですね。

 

以上、本日はシンガポールのチャンギ国際空港でのsimカード購入方法と使い方について紹介しました。

それでは、よい旅を!

Have a nice trip!!

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢