ヴィアHDの株主優待!2017年の変更発表は大幅な改悪?!

スポンサーリンク



こんにちは。

株主優待ネタです。

今日はヴィアホールディングス(証券コード:7918)という企業の株主優待について。

聞きなれない名前の企業だと思いますが、実は有名な飲食店をたくさん経営しています。

居酒屋の備長扇屋や紅とん、洋食屋のオーブン亭やパステルなど。

皆さん、一度は利用したことがあるのではないでしょうか。

今日はそんなヴィアHDの株主優待について紹介したいと思います。

2017年6月、優待内容の変更(改悪)発表に伴い、記事内容を更新しました。

ヴィアHDの株主優待と利回り(~2017年9月確定分まで)

優待内容と権利確定時期

さっそくですが、ヴィアHDの株主優待でもらえるのがこちら。(~2017年9月確定分まで)

ヴィアHDの株主優待は食事券!持ち株数に比例して増えるのがポイント!

ヴィアHDの株主優待は食事券!持ち株数に比例して増えるのがポイント!

出典:ヴィアホールディングス株式会社HP(株主優待)

もらえるのは、ヴィアグループのお店で使える食事券です。

尚、近くにお店がない株主のために、カタログも一緒に送付されてきて、そちらの商品から選ぶことも可能です。ただし、近くにお店がある方は店舗で使う方がお得だと思います。

権利確定は3月と9月の年二回で、実際に送られてくる時期は、6月末と11月末。

有効期間は1年間と長いのも嬉しいですね。

使用可能なレストランは、上記HPから確認できますし、優待券と一緒に利用可能店リスト(都道府県別にも記載)も送付されてきます。

ヴィアHDの株主優待では、食事券が使えるお店リストも送ってくれるので便利!

ヴィアHDの株主優待では、食事券が使えるお店リストも送ってくれるので便利!

優待額は100株毎に比例して増加

ヴィアHDの優待で注目してほしいのは、所有する株数に応じて優待もどんどん増えるという点です。

普通、株主優待というのは最低保有株数(例えば100株)が一番お得な場合がほとんど。

1,000株の優待内容が100株の優待内容の10倍かというと、多くの場合、そうはなりません。

なので、複数名義で株を分けて買う人も多いです。(例えば、一人で200株ではなく、二人で100株ずつ持てば優待を二倍Getできる)

しかし、ヴィアHDの場合、1,000株までは比例して優待額が増えていきますので、一人でたくさん株を持っても、しっかり優待がもらえます。

独り身には嬉しい制度ですね。

株価と配当+優待利回り

さて、気になる配当+優待利回りを確認しておきましょう。

2016年10月時点での株価は880円なので、

  • 最低取得価格(=100株):88,000円
  • 配当金(年一回3月):5円/株→500円/100株
  • 優待(年二回3月と9月):5,000円/100株

ということで、1,000株までの配当+優待利回りを計算すると、約6.3%の高利回り

ただし、以下に示す改悪があったので、今後は保有株数を徐々に減らしていこうと思います。

ヴィアHDの株主優待と利回り(2018年3月確定分~)

さて、冒頭でも紹介しましたが、2017年6月に株主優待変更の発表がありました。

参考:株主優待制度の一部変更に関するお知らせ

個人的には、今回の変更は改悪と思います。

それでは、変更内容を詳しく見ていきましょう。

株主優待券が倍増&使用制限追加

株主優待額が倍増!

と聞くと嬉しい限りですが、合わせて使用制限が追加されました。(実はこれがかなりの改悪です)

分かりやすく書くと、

  • 現): 500 円の優待券を無制限に使用可能
  • 新):お会計(税込)1,000 円毎に 500 円の優待券を使用可能

 

つまり、優待券だけ(現金出費なし)で利用することができなくなりました!

株主優待金額(贈呈券面額)は以下のように、現在の2倍となるようですが、これは痛すぎる改悪です。

所有株数区分 変更前
(使用制限なし)
変更後
(お会計 1,000 円毎に 500 円割引)
100 株~ 2,500 円相当 5,000 円相当
200 株~ 5,000 円相当 10,000 円相当
300 株~ 7,500 円相当 15,000 円相当
400 株~ 10,000 円相当 20,000 円相当
500 株~ 12,500 円相当 25,000 円相当
600 株~ 15,000 円相当 30,000 円相当
700 株~ 17,500 円相当 35,000 円相当
800 株~ 20,000 円相当 40,000 円相当
900 株~ 22,500 円相当 45,000 円相当
1,000 株~ 25,000 円相当 50,000 円相当

 

数字だけ見ると魅力的に見えてしまいますが、数字のマジックに騙されないよう注意が必要です。笑

1,000円毎に500円使用可ということは、500円は現金出費があるということです。

更に言えば、この500円というのは優待券の額と同じです。

つまり、株主優待を全て使い切る場合、株主優待額=現金出費となるわけですね。

10,000円の優待を使い切るなら現金も10,000円支払い、20,000円の優待を使い切るなら20,000円の支払いです。

普段からよく使うお店であれば、単純に割引になるので良いですが、株主優待がもらえるから利用していたという方は要注意です。

有効期限も一年から半年に短縮

使用制限に比べたら大したことないですが、こちらも地味に改悪です。

有効期間が半年というのは、やっぱり短い…残念です。

尚、有効期限の変更は2017年9月確定分から適用されるようです。(使用制限の適用は2018年3月確定分~)

平成 29 年 9 月末日の当社株主名簿に記載又は記録された株主様へ発行する株主優待券(使用制限なし)につきましては、変更後の株主優待券(割引券)との混在による混乱を防止するため、有効期限を平成 30 年 6 月末日までに短縮させていただく予定です。

出典:株主優待制度の一部変更に関するお知らせ

 

交換商品制度は未定

お店での利用は制限ができるということで、商品との交換に期待したい所ですが、こちらはまだ未定との事。

せめて、現金出費なしで優待が受けられるこの制度は残して欲しいですね。

交換商品:株主優待券が使用できる店舗がお近くにない場合等に対応するため、販促宣伝効果を念頭に商品交換制度を設けておりますが、商品交換制度における対象商品については、事業状況や業績を勘案して都度決定してまいります。

出典:株主優待制度の一部変更に関するお知らせ

※追記終わり

優待を使ってパステルで絶品プリンを購入!

さて、ヴィアHDの株主優待券をパステルで使用してきたので紹介しておきます。

株主優待券はこんな感じ。

ヴィアHDの優待券は500円と少額なので使いやすい!

ヴィアHDの優待券は500円~と少額なので使いやすい!

500円刻みと少額なので、使いやすいのも嬉しいポイント。

さて、なめらかプリンが有名なパステルですが、皆さんご存知でしょうか?

大きな駅やショッピングモールにはかなりの確率で出店しているので、一度は見たことあるのではないでしょうか。

このパステル、元々はヴィアグループではなかったのですが、2015年に買収が発表され、グループの一員となりました。

株主にとっては優待券を使える範囲が広がり便利になりましたね。

お店は、水色をモチーフにしたおしゃれな雰囲気。

img_20161016_185106

駅に多いプリンの持ち帰り専門店

パスタ等のイタリアンを頂けるレストランタイプも多いですが、駅ではプリンの持ち帰り専門店が主流です。

パステルと言えば、やっぱりなめらかプリン!!

プリンにしてはかなりお高いですが、食べれば納得の価格です!

私も初めて食べた時は感動しました。

たかがプリンと侮るなかれ、コンビニのプリンとはレベルが違います。

定番はプレーン味のなめらかプリンですが、抹茶や季節限定味もありますので、いろいろ試してみて下さい。

今回は、以下の三つを購入。

  • なめらか(310円)
  • 抹茶(350円)
  • 安納芋(380円)

総額は税込みで1,123円だったので、優待券を二枚(1,000円分)使い、現金で123円お支払い。

パステルのプリンは絶品!一度食べたらやみつきに

パステルのプリンは絶品!一度食べたらやみつきに

ちなみに、もう一品足して1,500円、もしくは3品ともなめらかにして1,000円を狙えば、現金支出はさらに減らせますよ。

安納芋は初めて買ってみたけど、かなり甘めでしたので、個人的には抹茶やなめらかの方が好きでした。

10月時点では、他にもパンプキン味があったので、次回トライしようと思います。

参考:パステル(Pastel) HP

皆さんもぜひ株主になって絶品プリンをタダで頂いてみませんか?

investor M
今日のまとめ
ヴィアHDの株主優待は、居酒屋や洋食店で使える食事券で、配当と合わせて約6.3%の高利回りが魅力(2016年10月時点)!駅やショッピングモールで見かけるパステルでも利用可能で、なめらかプリン購入がおすすめ!

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢