ソウル弘大(ホンデ)のチムジルバンを紹介!ヘピデイスパ(Happy Day Spa)

スポンサーリンク



こんにちは。

海外旅行ネタ、韓国編です。

今日はソウルの弘大(ホンデ)にあるチムジルバン、ヘピデイスパ(Happy Day Spa, 해피데이스파)について紹介します。

弘大は仁川国際空港や金浦国際空港からのアクセスが良く、グルメ、カフェ、ショッピングと何でもそろう活気ある町です。

安いホステルやゲストハウスも多く、一人旅の拠点としてはかなりおすすめ。

韓国ソウル(Seoul) 空港から市内へ

2016.06.14

さて、ソウルのチムジルバンと言えば、龍山(ヨンサン)にあるドラゴンヒルスパが何といっても有名ですが、わざわざ地下鉄で行くのは面倒くさいですよね。

規模はそんなに大きくないですが、弘大(ホンデ)にもチムジルバンがありますのでご心配なく。

24時間営業なので、いつでも利用できますよ。

ヘピデイスパ(해피데이스파)の場所&料金

まず場所はこちら。

 

地下鉄の9番出口を出てずっと真っすぐです。

SPAOというショップがある交差点を過ぎると、数分で到着。

入口が目立たないので少し分かりにくいですが、マリーゴールドホテルの片隅にあります。

img_20161122_104425

ヘピデイスパ(Happy Day Spa)の入口はマリーゴールドホテルの片隅!

受付は地下にありますので、入ったら階段を降りましょう。

料金体系はこちらになります。

img_20161122_104526

ヘピデイスパ(Happy Day Spa)の料金表!wifiもあります。

日本語でまとめると…

昼間
(5:00-20:00)
夜間
(20:00-5:00)
サウナ 7,000W 8,000W
チムジルバン 9,000W 10,000W

尚、サウナとはお風呂のみの料金のことです。

1,000Wプラスするだけでチムジルバンに行けるので、私は断然チムジルバンがおすすめ。

WIFIもありますので、必要な方は受付でパスワードを聞いておきましょう。

ヘピデイスパ(해피데이스파)のチムジルバン

受付を済ませたら、カギがもらえますので、靴を預けて中へ。(靴と荷物のロッカーのカギは同じ番号です)

img_20161122_104703

ロッカーはボタンを押してからカギを近づけると開け閉めができます。

サイズは少し小さめですが、ハンガーはあります。

img_20161122_104732

ロッカーはやや狭め。ボタンを押してカギを近づけると開け閉め可能

チムジルバンへ行く方は専用の服に着替えてさらに地下へ。

2階分降りると、チムジルバンと休憩スペースがあります。

チムジルバンの種類は3種類で、温度は40℃、57℃、それ以上(70℃くらい?)です。

img_20161122_105350

一番低温は手前側の40℃で、奥は57℃

img_20161122_105539

57℃のチムジルバンの中は石が敷き詰められてます。じっくり汗が出てくる適度な温度で気持ちいい!

img_20161122_112121

一番熱いチムジルバンはここ!一度は入っておきたいですね。温度表示はないけど、70℃くらい?

img_20161122_112139

休憩スペースは広く、マットと枕も完備。ただし、週末や夜は若者でびっしり埋まります!

この日は平日の午前中ということで、ほとんど人はいませんでした。

以前、土曜や日曜の朝に行ったときは若者がびっしり雑魚寝していて、歩くスペースがないほどで驚きました。

夜通し弘大で遊んで、ここに泊まるパターンですね。

さて、チムジルバンで気の済むまでデトックスしたら、階段を上がってお風呂へ行きましょう。

尚、シャンプーやリンスはありませんので、必要な方は持参して下さいね。(一応、販売もしているみたいなので購入も可)

石鹸、タオル(体洗う用とふく用の両方)、ドライヤーはありました。

弘大に宿泊される方は、一度利用してみてはいかがでしょうか。

有名な巨大スパと比べると、ローカル感が出ていて意外に良いと思います。

以上、今日はソウルの弘大にあるヘピデイスパ(Happy Day Spa)について紹介しました。

investor M
今日のまとめ
ソウルの弘大は空港からのアクセスも良く、観光スポットもそろっていて旅の拠点におすすめ。安いホステルやゲストハウスも多数存在!そんな弘大にあるチムジルバン、ヘピデイスパ(Happy Day Spa)はロケーションが良いので、ぜひ弘大に泊まる方は訪れてみよう!

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢