韓国ソウル(Seoul) 空港から市内へ

スポンサーリンク



こんにちは。

海外旅行ネタです。

以前に韓国の魅力について紹介しましたが、今日はソウルへの航空券と、空港到着後の市内への移動手段についてです。

韓国の首都ソウルへ行こう!魅力と楽しみ方を解説!

2016.05.29

私はソウルへの旅行が好きで、年に数回は訪れていますので、今後も関連ネタはたくさん投稿していきたいと思っています。

ソウルへの航空券

日本のお隣ということもあり、ソウルへの航空券は非常にたくさんの種類があります。

大手で言えば、日本のJAL/ANA、韓国の大韓航空/アシアナ航空。これに加え、LCCではPEACH、チェジュ航空、エアプサン、ジンエアーがあります。

大手キャリアであれば、大体3-5万円、LCCであれば2-3万円が相場。

選択肢はたくさんあるので、出発地やフライト時間を考え、自分にあったものを選びましょう。

目一杯遊びたい方は、往路は午前発、復路は夕方着がオススメ。

関空発のPEACHであれば、一日3便あるので、希望の時間帯が選べると思います。

出発地にも依りますが、日本からの所要時間は約2時間です。

空港は仁川?金浦?

さて、到着するソウルの空港ですが、実は二つあります。東京の成田/羽田と同じですね。

有名なのは仁川(インチョン)国際空港で、おそらく大半の方はこちらを利用することになります。

日本の主要空港と同じく埋立地に作られた比較的新しい空港で、アジアでは最大級の規模。

もう一方は、昔から使われている金浦(キンポ)国際空港。仁川よりも小さいですが、ソウル市内から近く、利便性が良いのが特徴です。

最近では、国際線は仁川、国内線は金浦という棲み分けが鮮明になってきている様子。

以前は中部発のチェジュ航空は金浦着だったのですが、2015年12月に仁川着へ変更になってしまいました。個人的にはかなりショック…。

なんせ、ソウル市内までの移動時間が30分も違いますからね。

仁川からは約1時間、金浦からであれば、約30分。もちろん、空港は仁川の方がキレイで、レストラン等の施設も充実はしていますが。

ということで、おそらく日本からソウルへ行く場合は、仁川国際空港(インチョン ククチェ コンハン)を利用する事が多くなりますので、覚えておきましょう。

市内までは鉄道

空港に到着したら、ソウル市内へ移動します。

バスもありますが、鉄道が分かりやすくて便利です。

仁川でも金浦でも空港鉄道A’REX(エーレックス)が通っており、ソウル駅まで乗り換えなしで行けます。

私は、ソウル駅の手前のホンデ(弘大)という所が近くて便利なので、いつもここに宿泊しています。

韓国は交通費が安く、仁川国際空港-ソウル駅間が3,000ウォン(約300円)ほど。

一時間乗ってこの価格は安いです。市内の地下鉄も1,000ウォン(約100円)ほどで、日本のおよそ半額。

さて、仁川国際空港で荷物を受け取ったら、さっそく空港鉄道乗り場へ向かいましょう。

案内(日本語表示もあり)が出ているのですぐ分かると思います。到着フロアからエスカレータで一階分降りたら、あとは一本道。

必須アイテムT-money

空港鉄道の改札に着いたら、切符を買います。自動発券機があり、日本語も選べるのでとても簡単。

この時、一回用の切符ではなく、”T-money”という交通カードを購入することをオススメします。

日本のSuicaのような電子カードで、チャージして使えるし、改札はタッチ通過でとっても便利。(尚、T-money払いだと少し割引があるそうです)

ソウル市内での地下鉄、バス、タクシーの交通費はもちろん、コンビニやロッカーの支払いにも利用できます。

使用期限はなく、デザインも豊富。私は2013年に始めて購入して以来、ずっと同じカードを使い続けています。

ソウルの交通カードT-Money。デザインもオシャレ!

ソウルの交通カードT-Money。デザインもオシャレ!!

次いつ韓国に来るか分からないという人でも、切符を買う手間が省け、割引もあるので、是非購入をオススメします。

ソウル地下鉄

ソウルは地下鉄が発達しており、どこへ行くにも便利です。

路線名も日本のような○○線とかではなく、1-9号線と、数字で名前がついており、色分けもされています。

また、駅にも固有の番号が振られており、外国人観光客にとってはとても親切。

支払いはもちろん、T-moneyで。

余談ですが、私がよく利用するのは、ホンデ(弘大)を通る2号線で、この路線のみ環状線になっているのが特徴です。

さぁ興味が湧いた方は是非ソウルへ!

investor M
今日のまとめ
ソウルの空港は仁川と金浦の二種類。どちらからも空港鉄道で市内へ移動可能。切符ではなく、T-moneyを購入し、スマートに旅行を楽しもう。

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢