航空券購入前に必見!マイレージとアライアンスとは?

スポンサーリンク



こんにちは。

本ブログでは、自分と同じ20代の皆さんに、海外旅行(特に一人旅)をおすすめしています。

20代は海外旅行へ行こう!一人旅をおすすめする4つの理由

2016.05.18

海外旅行と言えば、まず思い浮かぶのは飛行機のチケットですよね。

今日は、この航空券を購入する際によく聞く、マイレージとアライアンスについて解説したいと思います。

航空券購入前の知識としては必須ですので、是非覚えておきましょう。

マイレージ(Mileage)

f48bd20ee59748a4148adf11f5ea7160_s

まずは航空券と言えばこれ。

おそらく名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

マイレージとは?

航空券を購入して飛行機に搭乗すると、その飛行距離に応じてマイレージ/マイルと呼ばれるポイントを貯めることができます。

元々は、距離を表す単位であるマイル(約1.852km。日本語で海里と呼ぶノーティカルマイル)に由来しているので、飛行距離が長くなれば、その分獲得できるマイレージも多くなります。

ただし、最近はアメリカの航空会社を中心に、購入金額に応じて獲得マイレージが決まっている場合もあるようです。

航空会社のマイレージプログラム

各航空会社はそれぞれこのマイレージプログラムを持っており、マイレージの加算率、得られる特典、マイレージの有効期限などが異なります。

特典には様々なものが用意されており、航空券そのもの、航空券アップグレード(エコノミークラス→ビジネスクラス)、ホテル宿泊券、商品、Edy/waonポイントなど、とても多種多彩。

余談ですが、どの航空会社のマイレージプログラムがおすすめかについては、頻繁に利用する航空会社にもよるので、一概に言うのは難しいです。

日本ではJAL/ANAが一般的ですが、個人的にはクレジットカードと組み合わせて、ユナイテッド航空のMilage Plusがおすすめです!(別記事で解説予定)

いずれにせよ、マイレージプログラム未加入の方は、飛行機に搭乗する前に必ず入会しておきましょう。

JAL/ANAの二つがあれば、ほぼカバーできると思います。(後述のSky Team以外)

複数の航空会社でマイレージを貯めるには?

さて、基本的に、ある航空会社のマイレージプログラムでは、別の航空会社の航空券でマイレージを貯めることはできません。

なので、マイレージを貯めようと思ったら、特定の航空会社ばかり使わないと、なかなか多くのマイレージを貯めることができないのです。

しかし、航空会社はそれぞれにアライアンス(次節で解説)と呼ばれるグループを作っており、同じグループ内であれば、別の航空会社の搭乗でもマイレージを貯められるようにしています。

ただし、既に別のプログラムで貯めたマイレージの合算はできませんのでご注意を。

また、アライアンス内ではマイレージ特典でも提携しており、ある航空会社で貯めたマイレージで、別の航空会社の航空券と引き換えることも可能。

例えば、ANAで貯めたマイレージで、同アライアンスである米ユナイテッド航空の特典航空券を購入など。

アライアンス(Alliance)

82135bfcc15ecd4fcbaa10ada96606d3_s

さて、前節で出てきたアライアンスという航空会社のグループについて紹介します。

現在、世界には以下の3つのアライアンスが存在しており、この3つを押さえておけばOKです。

  1. スターアライアンス
  2. ワンワールド
  3. スカイチーム

尚、アライアンスでは、マイレージの提携だけではなく、飛行機の運行でも協力しています。(いわゆるコードシェア便)

また、世界一周航空券というものがそれぞれのアライアンスに存在し、アライアンス内の航空会社を自由に使って世界一周を楽しむことができます。

これ、個人的にかなりおすすめです!私は学生時代にスターアライアンスの世界一周航空券を使用した経験がありますが、その時は約1ヶ月半と短かったので、次はもっと長期で再度行きたいです。

話が逸れましたが、以下、各アライアンスについて簡単に紹介します。

スターアライアンス(Star Alliance)

1997年に設立された、世界最大の航空アライアンスです。

加盟は2016年7月現在で28社。

アライアンス・スローガンは、”The Way The Earth Connects”

主な航空会社としては、日本のANA(All Nippon Airways)、アメリカのユナイテッド航空(United Airlines)、独のルフトハンザ航空(Lufthansa Airlines)などがあります。

詳細はこちら:スターアライアンスHP

ワンワールド(One World)

1999年に設立された航空アライアンス。

加盟は2016年7月現在で15社。

アライアンス・スローガンは、”An alliance of the world’s leading airlines working as one”

主な航空会社としては、日本のJAL(Japan Airlines)、アメリカのアメリカン航空(American Airlines)、英のブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)などがあります。

詳細はこちら:ワンワールドHP

スカイチーム(Sky Team)

2000年に設立された、航空アライアンスです。

加盟は2016年7月現在で20社。

アライアンス・スローガンは、”Caring more about you”

主な航空会社としては、韓国の大韓航空(Korean Airlines)、アメリカのデルタ航空(Delta Airlines)、蘭のKLMオランダ航空(KLM Royal Dutch Airlines)などがあります。

3つのアライアンスの中で、唯一日本の航空会社が加盟していないので、馴染みが薄いかもしれません。

詳細はこちら:スカイチームHP

以上、世界の3大航空アライアンスについて紹介しました。

investor M
今日のまとめ
航空券を購入して飛行機に搭乗すると、距離やクラスに応じてマイレージと呼ばれるポイントがもらえる。たくさん貯めると、航空券や商品と引き換えが可能。航空会社はアライアンスと呼ばれるグループを作って提携しており、同じアライアンス内であれば、別の航空会社でもマイレージを貯められる。

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢