仁川国際空港でKTmobile simカード購入&使い方を紹介!

スポンサーリンク



こんにちは。

海外旅行ネタ、韓国編です。

今日は、ソウルの玄関口である、仁川(インチョン)国際空港でのプリペイドsim購入について紹介します。

simフリー端末や格安simがポピュラーになった今のご時世、海外でもsimカード購入に挑戦してみませんか?

スマホ代節約!simフリー端末と格安sim

2016-06-08

空港でsimカードが使えるようになれば、その後の旅行がとっても便利で快適になりますよ。

韓国の首都ソウルへ行こう!魅力と楽しみ方を解説!

2016-05-29

仁川(インチョン)国際空港のコンビニでプリペイドsimカードを購入

まず、仁川国際空港に到着したら、出口近くのCUというコンビニに行きましょう。

荷物を受け取り、出口をでて同じフロア&通りにあります。

見た目はこんな感じ。

仁川国際空港にあるCUというコンビニでsimカードを購入してみよう!

大きく、”SIM”と書かれた看板が目立ちますね。

KT(Korea Telecom)mobileという会社のsimが購入できます。

もちろん、外国人でも買えるプリペイドsimです。

購入できるsimは残念ながら、一種類のみ!料金は34,900ウォンと高め!

気になる料金プランはというと…

何と一種類のみ!

うーん、残念。

しかも、値段は34,900ウォン(≒約3,500円)とけっこう高め。(micro/miniの場合は、29,900ウォン)

simのサイズで料金が異なりますが、今はほとんどnanoサイズですよね。

kt mobile simの仕様

値段が高かったので、少し迷いましたが、試しに購入してみることにしました。

クレジットカード大国の韓国ですが、なぜかこのsimを買うときは現金払いオンリーでした。購入を予定している方は、念のため、現金を準備してからいきましょう。

さて、購入したkt simの主な仕様はこちら。

  • データ通信容量:1GB
  • 有効期間:30日間
  • 料金:34,900ウォン(nano sim)

 

通話とメールも使用できますが、上限は書かれていないため、よく分かりませんでした。

まぁ、ネットが使えればOKだと思います。

それにしても、30日も使えなくていいからもっと安いプランも用意して欲しいですね~。

7日間有効で500MB, 20,000ウォンみたいな。

KT mobile simカードのアクティベート方法

さて、simを購入したら、アクティベート(simを使えるようにする作業)をします。

これには、インターネット環境が必要です。

なので、wifiが使用できる空港で済ませてしまいましょう。

袋の中には、simカードと説明書が入っています。

kt mobile simは、すべてのサイズ(nano, micro, mini)に対応!

simはアダプタによって、すべてのサイズに対応しています。

(じゃあ同じ値段でいいじゃん!なんでnanoだけ高いのよ…?!)

 

説明書ですが、日本語はありませんので、英語のページを見てアクティベートしていきましょう。

個人情報(使用者情報)の登録

まずは、個人情報の登録をします。

kt simのアクティベートには、まず個人情報の登録が必要

以下のページにいき、必要な情報を入力しましょう。

https://sim.ktmmobile.com/

こちらは日本語が選べます。

kt mobile simの使用者情報登録ページ!日本語が選択可能

 

それでは、必要な情報を順番に入力していきましょう。

 

USIM番号、携帯電話番号は、それぞれsimが付いていたカードに書いてあります。

USIM、携帯電話番号は、simが付いていたカードに書いてあります。

最後に、パスポートの写真ページを撮り、画像をアップロードします。

そしたら、申請ボタンを押して完了。

これで、受付は終わりです。

後は、アクティベートされるのを待ちましょう。

説明書の注意書きにある通り、登録が完了してからアクティベート(実際に使えるようになる)までは60分かかります。ただし、営業時間外の場合は、翌日の9:00am以降になります。営業時間は、月~金:9:00~20:00, 土日祝:10:00~20:00、年中無休

スマホのAPN設定

続いて、スマホ側の設定を行います。

simカードをスマホへ挿入したら、APNの設定を確認してみましょう。

ただし、問題なく開通(=ネットにつながる状態)出来たら、以下の作業は不要です。自動で適切なAPNが選択される場合がほとんどだと思いますが、万が一使用できなかった場合は試してみて下さい。それよりも、simカードを挿入してから、何回も再起動を試してみる方が重要です。説明書にも、4~5回ほど再起動が必要と書かれています。

私の場合、以下のデフォルト設定でつながりました。(KT, lte.ktfwing.com)

KT mobile simのAPN設定は、まずデフォルトのまま変更せず、再起動を4~5回してみよう!

再起動してもつながらない場合は、説明書に従い、APNを新たに設定してみましょう。

アンドロイドの場合、以下の手順です。

①設定→②モバイルネットワーク→③アクセスポイント名

再起動してもインターネットにつながらない場合は、新しくAPNの設定を試してみよう!

説明書に従い、以下のAPNを新規で作成します。

  • Name:KT
  • APN: alwayson.ktfwing.com
  • MMC: http://mmsc.ktfwing.com:9082
  • MCC: 450
  • MNC: 08

 

繰り返しになりますが、デフォルトのままでつながる場合がほとんどだと思いますので、まずは何度も再起動を試してみて下さい。

 

以上、本日は、仁川(インチョン)国際空港で購入したkt mobile simについて紹介しました。

では、楽しいソウル旅行を!

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢