IHGリワーズクラブ解説!ポイントの貯め方と会員特典を紹介!

スポンサーリンク



こんにちは。

海外旅行ネタ、ホテル編です。

海外旅行と言えば、重要になってくるのが、やっぱりホテル。

値段が高くても、部屋がきれいだったり、スタッフのサービスが良かったりすると、とても気持ち良いですよね。

今日は、世界中で事業展開している、IHGというホテルグループについて紹介します。

結論としては、ぜひ会員になって(無料で登録可)ポイントを貯め、無料宿泊を楽しみましょう!

お得にポイントを貯められるキャンペーンや、会員特典もありますので、合わせて紹介していきます。

では、さっそく見ていきましょう。

IHGのホテルとは?

さて、まずはIHGについて解説。

IHGとは、Intercontinental Hotels Groupの略です。

このインターコンチネンタルホテルズグループは、世界各国にホテルがあり、もちろん日本にも多数存在しています。(例:インターコンチネンタルのANAホテル)

ホームページでは、IHGブランドについて、以下のように紹介されています。

12のファミリーブランドを擁するIHGは、「お客様に愛される素晴らしいホテル」を目指し、世界約100の国や地域に5,000以上のホテルを展開しています。

ご家族連れが手頃な価格で快適な旅を楽しめるホテルとして、ケモンズ・ウィルソンが最初にオープンしたホリデイ・インに始まり、中国の消費者向けにデザインされた初めての国際高級ホテルブランドHUALUXE(華邑)ホテルズ&リゾーツに至るまで、IHGではお客様のさまざまなニーズにお応えするブランドを開発しています。

出典:IHG|インターコンチネンタルホテルズグループについて

 

12のファミリーブランドは下記。


出典:IHG | インターコンチネンタホテル& リゾート

皆さん、一度は泊まったor目にしたことがあるのではないでしょうか?

  • インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ
  • キンプトン ホテルズ&レストランズ
  • HUALUXE(華邑)ホテルズ&リゾーツ
  • クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツ
  • ホテル インディゴ
  • EVEN ホテルズ
  • ホリデイ・イン ホテル
  • ホリデイ・イン エクスプレス ホテル
  • 假日度假酒店
  • ホリデイ・イン クラブバケーションズ
  • ステイブリッジ スイーツ
  • キャンドルウッド スイーツ

(英語版)

  • InterContinental Hotels & Resorts
  • Kimpton Hotels & Restaurants
  • HUALUXE Hotels and Resorts
  • Crowne Plaza Hotels & Resorts
  • Hotel Indigo
  • EVEN Hotels
  • Holiday Inn Hotels
  • Holiday Inn Express Hotels
  • Holiday Inn Resort
  • Holiday Inn Club Vacations
  • Staybridge Suites
  • Candlewood Suites

 

高級なホテルもありますが、一泊10,000~15,000円くらいで泊まれるホテルも多いです。

1部屋の値段なので、二人で泊まれば一人5,000~7,500円。

なので、とても高くて手が出ない、というホテルではありません。

特に、ホリデイ・イン系のホテルは数が多く、価格もお手頃なので、かなり重宝します。

世界中に展開するホリデイ・イン系列のホテルは、数も多く使い勝手が良いのが特徴!

アメリカの各都市に必ずと言っていいほどありますし、アジアでも、ほとんどの大都市にはあります。(ソウル、バンコク、シンガポール等)

また、日本国内であれば、ANAホテルもIHG系列のホテルになります。

ANAホテル|IHG・ANA・ホテルズ

 

IHGリワーズクラブ会員になってポイントを貯める

さて、上記のホテルに宿泊すると、無料宿泊に使えるポイント貯めることができます。

IHGホテル宿泊で貯まるポイント

宿泊代金に応じてポイントがもらえ、1USドルにつき10ポイント加算です。

ただし、Staybridge, Candlewoodは、1USドルにつき5ポイントになります。

1USドル≒100円と考えると、宿泊代金(日本円)の約10%がポイントとして加算される計算ですね。

例えば、10,000円(≒100USドル)のホテルに泊まれば、1,000ポイント。

 

では、このポイントはいくらの価値があるのでしょうか?

大体、一般的には1ポイント≒0.5~0.6円の価値があると言われています。(使い方によってはもっと高くなる)

例えば、20,000ポイントで10,000円のホテルに無料宿泊すれば、1ポイント=0.5円となります。

 

というわけで、結局、

10,000円で1,000ポイント=約500円で、5%程度は還元されていることになります。

後述しますが、実際にはボーナスポイントがもらえる宿泊プランや、キャンペーンがあり、うまく活用すれば、還元率は跳ね上がります。会員ランクも上に行くほどポイント加算率は上がります。

尚、ポイントではなく、航空会社のマイル(JAL、ANA、Unitedなど)で貯めることもできます。

設定は以下の記事を参照下さい。

IHG宿泊でマイルを貯める!ユナイテッド&ANAの加算率は?

2017.03.28

私も以前はマイルで貯めていましたが、宿泊する機会が増えたので、今はIHGのポイントで貯めています。

年に一、二回程度の利用であれば、直接マイルで貯めておいた方がよいと思います。(無料宿泊に使えるほどポイントが貯まらないため)

IHGリワーズクラブ会員登録

さて、ポイントについて概要を紹介しましたが、獲得には以下の条件があります。

  • IHGリワーズクラブ(IHG Rewards Club)の会員であること
  • IHG公式サイトからホテルを予約すること(他のサイトを経由しない)

 

なので、まずは、会員登録をしましょう。(年会費等は一切かかりません)

以下の公式ホームページから入会できます。

IHG | リワーズクラブ(Rewards Club)

登録が完了すると、以下の通知がきます。

ポイントを貯めるためには、IHGリワーズクラブの会員登録をしよう!

 

会員登録が終わったら、次は同サイトからホテルを予約します。

ここで、ボーナスポイントがもらえる宿泊プランがないか、チェックしてみましょう。

一回の滞在で+3,000ポイントのプランもあるので、ぜひいろいろ検索してみて下さい。

以下、タイのバンコクに滞在した時のサンプルです。(この時は+3,000ポイントのプラン)

【宿泊レビュー】Holiday Inn Express Bangkok Sukhumvit 11

2017.07.21

あとは、実際にホテルに泊まれば、ポイントが加算されます。

ポイントの反映には、宿泊後、数日かかりますのでご注意を。数日過ぎても加算されない場合には、問い合わせてみましょう。

 

ポイントの有効期限

宿泊等で貯めたIHGのポイントは、12ヵ月の有効期限があります。

ただし、過去12ヵ月間に1回でもポイント獲得や交換の実績があれば、ポイント残高は失効しません。

要は、12ヵ月間ほったらかし(獲得も使用もない)状態にしなければよいということですね。

また、この条件が適用されるのは、クラブ会員(一番下のランク会員)のみです。

後ほど紹介しますが、ゴールドエリート以上の会員であれば、ポイントの有効期限はありません。

 

IHGリワーズクラブ会員のランク&会員特典

続いて、IHGリワーズクラブの会員制度について紹介していきます。

獲得ポイントや宿泊数に応じて、会員のランクが分かれています。

たくさん利用してくれるお客さんにはそれなりのサービスを、という事ですね。

この辺りは、航空会社やアライアンスの会員制度と同じです。

ユナイテッド航空プレミア会員になる条件は?PQMは購入も可能!

2017.04.15

会員ランクの種類

会員ランクは以下の4種類があり、初めはクラブ会員からスタートです。

  • クラブ(Club)
  • ゴールドエリート(Gold Elite)
  • プラチナエリート(Platinum Elite)
  • スパイアエリート(Spire Elite)

宿泊数、ポイントに応じて、ランクアップしていき、様々な特典が受けられるようになります。

会員特典

気になる会員特典は、下記のとおりです。


出典:IHG | リワーズクラブ会員特典

 

いろいろありますが、実際に使って嬉しい特典を紹介しておきます。

 

チェックアウト時間の延長(レイトチェックアウト、14:00)

これ、個人的にかなり重宝してます。

通常のチェックアウト時間12:00が、14:00に延長されます。

ランチの後、一回ホテルに戻ってシャワーできるのが、けっこう便利。

特に、夕方のフライトの場合、さっぱりしてから空港に向かうことができるので、とても快適です。

対象会員:ゴールド、プラチナ、スパイア

 

ポイント有効期限なし

前述した通り、ゴールドエリート会員以上は、ポイントの有効期限もありません。(無期限で貯められる)

せっかく貯めたポイントも、失効してしまっては意味がないですよね。

対象会員:ゴールド、プラチナ、スパイア

 

宿泊でのボーナスポイント獲得

これも、嬉しい特典です。

ゴールド会員以上は、基本ポイント(宿泊代金1USドルにつき10ポイント)に加え、ボーナスポイントがもらえます。

加算率は以下の通り。

  • ゴールド:+10%
  • プラチナ:+50%
  • スパイア:+100%

私はスパイアエリート会員なので、+50%加算でした。

先日泊まった、バンコクのホリデイ・イン・エクスプレスの例がこちら。

エリート会員になると、宿泊の基本ポイントに加えてボーナスポイントがもらえる!プラチナ会員は+50%加算!

+50%なので、基本ポイント691の半分である、345ポイントがエリートボーナスとして加算されていますね。

 

また、これとは別に、更に500ポイントもらえることもあります。(プラチナエリート会員以上が対象?)

もらえない場合もあるので、おそらくホテルによって異なるんだと思います。

アメリカのサンノゼにあるホリデイ・インに宿泊した際は、

  • 500ポイント加算
  • ホテルのバーで1ドリンクサービス

から選ぶことができました

プラチナエリート会員だと、ホテルのバーでワンドリンクのサービスがつくことも!

 

無料客室アップグレード

続いて、客室の無料アップグレード。

けっこう楽しみにしているのですが、実は今まで一度も受けたことがありません。

インターコンチネンタルなどの高級ホテルじゃないとダメなのか、あるいはスパイアエリートだけが実際は優遇されるのかもしれません。(私はホリデイイン系のホテルに泊まることが多いです)

一応対象は、プラチナエリート~となっています。

 

特別選択式特典(スパイアエリート会員のみ)

最後にこちらを紹介。

最上級会員のスパイアエリートのみが受けられる特典です。

ステータス獲得時(または更新時)に、以下の二つのどちらかを選ぶことができます。

  • 25,000ボーナスポイントの獲得
  • 友人や家族に、1年分のプラチナエリート会員資格をプレゼント

 

正直、最上級会員の特典にしては、いまいちな内容となっています。

25,000ポイントはせいぜい1泊分ですし、キャンペーン等でも貯めることができます。

一方のプラチナエリート会員プレゼントはまだマシですが、わざわざ友人にあげるのも微妙ですよね。(家族は一緒に旅行行けばいいですし)

というわけで、もう少し改善されることを期待したいと思います。

思い切って、年間10泊無料券とか、永久にプラチナ以上維持とか。

さすがにないですかね…。笑

 

エリート会員カードがもらえる

特典ではありませんが、これも嬉しい気遣いです。

先日、プラチナエリート会員を取得した際に、会員カードが送付されてきました。

特に使う機会はなさそうですが、まぁ持ってて嬉しいカードですね。

IHGリワーズクラブ会員のステータス獲得方法(エリート会員になる条件)

さて、ここまでエリート会員の特典について紹介してきました。

では、どうすればエリート会員になれるのか、次のランクにあがれるのかについて説明します。

条件はいたってシンプルで、以下の通りです。


出典:IHG | リワーズクラブ会員ステータス獲得方法

一応、文字にしておくと、

  • ゴールド:10泊または10,000ポイント獲得(1暦年)
  • プラチナ:40泊または40,000ポイント獲得(1暦年)
  • スパイア:75泊または75,000ポイント獲得(1暦年)

 

一年で40泊も75泊もするはずないじゃん!!??と思った方。

そうですよね、よっぽど出張の多い人でもない限り、せいぜい10泊が現実的だと思います。

なので、狙うべきは宿泊数ではなく、ポイントの方です。

 

例えば、プラチナの条件である40,000ポイントで考えてみましょう。

もらえるポイントは1USドルで10ポイントなので、40,000/10=4,000USドル…?

4,000ドル≒40万円!

1年で40万円以上もホテル代払わないと、プラチナエリート会員になれないの??

…となってしまいます。

 

そこで、もう一つ活用したいのが、宿泊でもらえるボーナスポイント。

一滞在につき+3,000ポイントとか、一泊につき+1,000ポイントとかがあります。(国内だと最大+5,000ポイントとかもあります)

宿泊例はこちら。

【宿泊レビュー】Holiday Inn Express Bangkok Sukhumvit 11

2017.07.21

このボーナスポイントは、ちゃんとエリートステータス獲得対象になります。

以下の加算対象金額の支払いで獲得したポイントは、すべてエリート対象ポイントとみなされ、エリートステータスの獲得に向けてカウントされます:ホテル滞在で支払われた加算対象料金、IHG®リワーズクラブ クレジットカードの支払額、セレクトカード提携企業・店舗での利用額、IHG®リワーズクラブ ボーナスポイントパッケージ、IHG™ビジネスリワーズの加算対象の支払い。
出典:IHGリワーズクラブ会員規約

 

これをうまく使えば、ゴールドエリートの10,000ポイント、プラチナエリートの40,000ポイントくらいまでは、現実的かと思います。

尚、エリートボーナスポイント(ゴールドで+10%、プラチナで+50%、スパイアで+100%もらえるポイント)は、エリートステータス獲得対象外になりますので、ご注意を。

こちらも、HPに記載があります。

IHG®リワーズクラブ ゴールドエリート会員は、加算対象料金での宿泊で獲得した基本ポイントに10%のボーナスポイントが加算されます。IHG®リワーズクラブ プラチナエリート会員は、加算対象料金での宿泊で獲得した基本ポイントに50%のボーナスポイントが加算されます。IHG®リワーズクラブ スパイアエリート会員は、加算対象料金での宿泊で獲得した基本ポイントに100%のボーナスポイントが加算されます。エリートステータスのボーナスポイントはエリート対象外ポイントであり、エリートステータス継続に向けてカウントされません。
出典:IHGリワーズクラブ会員規約

 

もちろん、キャンペーンで獲得した大量のポイントも対象外です。

まとめると、エリートステータス獲得対象になるポイントは、

  1. 基本ポイント(1USドルにつき10ポイント)
  2. ボーナスポイントパッケージ(+3,000ポイント等の宿泊プラン)

となります。

なので、うまく②を活用してエリート会員を目指しましょう。

 

【期間限定~2017/12/31】40,000ポイント獲得キャンペーン

2017年7月現在、IHGがものすごく太っ腹なキャンペーンをやっています!

3滞在で、なんと40,000ポイントがもらえる大型キャンペーンです。


出典:Book direct with IHG | IHG

IHGリワーズクラブ会員の方は、ログイン後、キャンペーンに参加して下さい。(もちろん登録無料)

キャンペーンに参加してから宿泊しないと、カウントされませんのでご注意を。

内容&条件は下記の通り。

  • キャンペーン登録:1,000ポイント
  • 初回滞在:5,000ポイント
  • 二回目滞在:9,000ポイント
  • 三回目滞在:15,000ポイント
  • 三回滞在完了:10,000ポイント
一回の宿泊ではなく、「滞在」なのでご注意下さい。チェックイン~チェックアウトで一滞在となります。同じホテルに連泊しても、一滞在としてカウントされます。
また、対象地域は、アジア太平洋(中国、香港、マカオ、台湾を除く)、中東、アフリカ地域となりますので、こちらもご注意を。

さすがにポイント大きすぎなので、半信半疑でしたが…

ちゃんと加算されました!笑

現在、二滞在を終えて、それぞれ5,000ポイント、9,000ポイント獲得できました。

2017/12/31までの期間限定キャンペーン!初回滞在で5,000ポイント、二回目滞在で9,000ポイントも獲得できます!

これはでかい…

Thank you, IHG!ですね。

年末までにもう一度宿泊して、あと25,000ポイント獲得しようと思います。

IHG会員の皆さんは、ぜひ早めにどうぞ!

 

以上、本日はIHGリワーズクラブの会員特典、ポイントの貯め方について紹介しました。

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢