海雲台の絶景カフェ ビビビタン!韓国伝統茶屋からのオーシャンビューは必見

スポンサーリンク



こんにちは。

海外旅行ネタ、韓国釜山編です。

今日は釜山の人気観光エリアである海雲台について。

海雲台と言えばビーチが有名ですが、その前に、釜山の海を一望できる絶景カフェに寄っていきましょう。

韓国伝統茶屋スタイルで、お店の名前はビビビタン(비비비당)です!

韓国伝統茶屋ビビビタン(비비비당)

場所&行き方

まずお店の場所はこちら。

 

最寄駅は地下鉄2号線の終点、萇山駅(ジャンサンヨク)。

駅からは少し距離があるので、タクシーが便利ですが、徒歩でも行ける距離です。

私は歩いて行きましたが、約20分で到着しました。(ただし、坂道なので運動不足の方には少しきついかもしれません)

お店の外観はこんな感じです。

オーシャンビューの韓国伝統茶屋ビビビタンは4階

オーシャンビューの韓国伝統茶屋ビビビタンは4階

目指すビビビタンは最上階の4階にあります。

駐車場にエレベータがありますので、4階へ向かいましょう。

韓国伝統家屋の内装とオーシャンビュー

入店すると、その美しい内装にびっくり!

思わずテンションが上がり、写真を撮りまくってしまいました。

img_20161119_121607

お茶を淹れる道具も趣がありますね!

img_20161119_121505

ビビビタンの内装は落ち着いた韓国伝統スタイル!

椅子も良いですが、私はせっかくなので奥の座敷に座りました。

もちろん窓側のオーシャンビュー!

img_20161119_115150

おすすめは座敷の窓側!釜山の海が一望できます!

窓からは釜山の海を一望!

窓からは釜山の海を一望!

欧米風のおしゃれなカフェスタイルも良いですが、せっかく韓国に来たからには、一度は茶屋も訪れておきたいですよね。

全てのお茶に韓菓子が付いてくる

続いてメニューを紹介。

img_20161119_121553

ビビビタンのお茶メニュー!全ての飲み物には韓菓子が付いてきます!

値段は10,000W~と少々お高めですが、場所代と思えば安いもんです。

おすすめを聞いてみたら、20,000Wのハイクオリティ抹茶を勧められ、少し困った私…。

うーん、さすがにお茶で20,000Wは高いので、一番上の”本日のお茶”にしておきました。

オーナーのおばさん、せっかく勧めてくれたけどごめんなさい。笑(韓国語しか通じませんが、めちゃくちゃ優しいオーナーさんでした)

しばらくして、運ばれてきたのがこちら。

お茶とお菓子が絵になるほどおしゃれ!

お茶とお菓子が絵になるほどおしゃれ!

グラスやコースターまでおしゃれ!!

お店まで来るのにけっこう歩いたので、アイスを注文しましたが、ホットだと可愛いきゅうすとかが出てきそうですね。

味はほんのり甘めで癒される味。お菓子も豆とナッツがはいったまんじゅうで、お茶とベストマッチ!

贅沢な時間を過ごすことができました。

往路は海雲台ビーチ方面へ歩いて帰ろう

お茶に癒された後は、海雲台の駅まで元気に歩きましょう。

ビビビタンの前の道を西の方へ歩いて行くと、途中には写真スポットがたくさんありますよ。

Sプラス&月見の丘

まず見えてくるのが、Sプラスという複合施設。

場所はこの辺りです。

 

おしゃれなショップやベーカリーが入っており、あのチャン・グンソクも訪れたとか。

img_20161119_122714

その付近には、月見の丘という高台があり、きれいな景色が撮影できます。

img_20161119_123248 img_20161119_124134

他にも撮影ポイントがあるようですが、私が寄ったのは大通り沿いの地点だけ。

体力に自信のある方は、さらに海側の険しい道を散策してみると良いかもしれません。

海雲台ビーチへ到着

20分ほど歩くと、ようやく海雲台のビーチへ到着。

秋なのでさすがに泳いでいる人はいませんでしたが、海岸線を歩くのは気持ちいいですね。

img_20161119_125858

近くにショッピングセンターらしきものが建設中でしたので、これからさらに開発されて活気づいていくと思います。(2016年11月現在)

ビーチの景色を楽しんだら、帰りは地下鉄の海雲台駅からどうぞ。

歩いて疲れた方は、近くのセンタムシティ駅にあるチムジルバン、新世界スパランドに寄って行ってはいかがでしょうか?

釜山の新世界スパランド体験談!高級チムジルバンで癒されよう!

2016-11-20

では、素敵な釜山旅行を!

investor M
今日のまとめ
海雲台エリアにあるビビビタンは、釜山の海が一望できるおしゃれな韓国伝統茶屋!洗練された店内とオーシャンビューに癒されること間違いなし!帰りは海雲台ビーチ方面から帰るのがおすすめルート!

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢