海外旅行時の両替はどこでする?お金の管理術を紹介!

スポンサーリンク



こんにちは。

海外旅行ネタです。

今日は、外貨の両替について紹介します。

 

皆さん、海外旅行へ行くときは、

  • 日本(空港)と現地の両替はどちらがレートが良いか?
  • 両替する金額はどれくらいが良いか?
  • 現地のATMは使えるの?

などと悩んだ経験、一度はあるのではないでしょうか?

 

そこで今日は、これまでの自分の経験を踏まえ、海外旅行のお金管理に関する情報を紹介しようと思います。

 

マイナー通貨の国で両替!が鉄則

最初に、いきなり結論。

マイナー通貨の国で両替するのが鉄則!

これが正解です。

 

現金をどこで両替するかについて、選択肢としては、

  • 出発前に日本国内で
  • 到着後に現地で

の二つがありますが、これに対する答えは、通貨の種類によって変わってきます。

 

上述の通り、マイナー通貨の国で両替する方が、基本的にお得になります。

なので、二つの国(日本と旅行先)の通貨を比較した時に、どっちが有名か考えてみましょう。

少し意外かもしれませんが、日本円は世界的に見てもかなりメジャーな通貨です。

 

とは言っても、もちろん日本円より有名な通貨がありますよね?

そう、米ドルとユーロの二つです。

つまり、これらに関しては、日本で両替した方がお得。

そして、それ以外の通貨は、現地で両替した方がお得なのです。

 

場合によっては手数料等で逆転する通貨もあるかもしれませんが、基本的にはこの原則を押さえておけば良いと思います。

意外とシンプルで分かりやすいですよね。

 

なぜマイナー通貨国での両替がお得?

さて、この状況になる理由ですが、単純に需給関係だと思います。

例えば、米ドルは日本で需要がありますが、どこの通貨かも知らないようなマイナー通貨は日本で需要がありません。

なので、このマイナー通貨を日本に持ってきて両替サービスを提供しようと思ったら、手数料を高く設定しないと、とても割に合いませんよね。

つまり、このマイナー通貨については、日本で両替するより、そのマイナー通貨国で両替した方がお得なのです。

…長くなりましたが、ここでは、米ドルとユーロ以外は現地で両替するとだけ覚えておけば十分です。

 

では、続いて、海外旅行でのお金の管理についても見ていきましょう。

高額紙幣は可能な時に使い切ろう

特に物価の安い国で困るのがこれです。

日本円を現地で両替すると、けっこう高額紙幣で渡されることがあります。

その場で細かい紙幣に両替してくれれば良いですが、なかなか日本みたいに気の利いた事はしてくれないのが現実。(一応、少額紙幣でとお願いはしてみましょう)

 

日本の両替所だと、わざわざどういう紙幣で準備しましょうか?と聞いてくれますよね。

まさに神対応!海外ではまずあり得ませんので、ご注意を。

 

さて、高額紙幣を持っていて問題となるのが、小額の買い物時に受け取りを拒否されるケース。

日本では考えられませんが、普通にNoと言ってきます。

 

高額紙幣だと、どうも偽札の可能性を疑われるようです。

確かに、その紙幣が偽札だった場合、たくさんのおつりを払ったお店側の損失は大きくなるので、仕方ないのかもしれません。

とまぁこのような状況になる場合もあるので、高額紙幣を持っている場合は、なるべく使える時に使っておきましょう。

クレジットカードが使えそうなレストランや、ショッピングセンターなどがおすすめです。

 

また、海外の通貨は少額でも紙幣であることが多いので、管理にはマネークリップが便利です。(しかもカッコいい!)

海外旅行にはマネークリップ必須!おしゃれで安いTAVARAT

2016.10.23

デビットカードで海外ATMが利用可能

さて、これまで外貨両替について紹介してきました。

他にも、外貨を入手する方法としては、ATMでの引き出しがありますね。

クレジットカードのキャッシングもありますが、カードによっては使えないものもあるので、私はデビットカードをおすすめします。

 

皆さん、デビットカードってご存知ですか?

最近はCMでも見かけるようになったので、知っている方も多いと思います。

クレジットカードとの大きな違いは、「使った瞬間に口座から引き落とされる」という点です。

クレジットカードであれば、一ヶ月分まとめて後日請求されますが、デビットカードは即時引き落としになります。

 

実はこのデビットカード、海外のATMで現地通貨が引き出せるというメリットがあります。

還元率はクレジットカードに劣るため、普段使いはクレジットカードをおすすめしますが、海外旅行用にデビットカードを一枚持っておいて損はないと思います。

 

いざという時はATMでの外貨引き出しが便利

例えば、海外旅行先で、急遽現金が必要になった場合を考えてみましょう。

近くに両替所や銀行があれば良いですが、大都市でなければなかなか見つからないこともあります。

しかし、ATMであれば、どんな小さな街でも見かけますし、夜間で両替所が営業していない時にも利用可能です。

ただし、一回引き出すごとにそこそこの手数料(数百円-千円)がかかるので、小額の引き出しにはもったいないです。(引き出し額の多い少ないに関わらず、一回の引き出しで一定料金かかる)

このデビットカード、位置づけとしては、万が一の場合のために一枚持っておく、というくらいで良いと思います。

”ATMがあればいつでも現金を引き出せる”という安心感は、けっこう海外旅行では大きな味方です。

 

ちなみに、私の持っている三菱東京UFJのデビットカードは年会費わずか1,000円ほどです。(初年度は無料)

海外旅行によく行かれる方は、一枚持っていて損はないと思います。

参考:三菱東京UFJ銀行 Visa デビット

 

お金管理はリスク分散を忘れずに

さて、海外旅行する時、お金をどうやって持っていくかは大きな悩みですよね。

  • 日本円
  • 現地通貨
  • クレジットカード
  • デビットカード

と、種類はいろいろありますが、気をつけたいポイントは全部を一つにして持たないこと。

 

私はこれまで経験がありませんが、海外では、すりやひったくりに遭遇する確率は日本より高いと思ってまず間違いないです。

そんな時、お金が全部なくなってしまったら、その後とても困りますよね?

複数人での旅行や、現地に友人がいるケースはまだ良いですが、完全な一人旅であれば、日本に帰るのも大変になってしまいます。

 

当たり前かもしれませんが、

  • お金は分散してもつ(財布を分ける)
  • クレジットカードは2枚以上持っていく

など、リスク分散を常に考えておく事が大切です。

また、そういった事に気を遣える人は、安全意識が高いので、トラブルに遭遇する確率も必然的に低くなると思います。

 

以上、今日は、外貨両替と海外旅行時のお金管理について紹介しました。

是非、安全で楽しい海外旅行にして下さいね。

investor M
日のまとめ
外貨両替はマイナー通貨の国でするのがお得。万が一のATM引き出し用にデビットカードがおすすめ。旅行時のお金は分散して管理し、リスクに備えましょう。

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢