まだ現金払い?クレジットカードが絶対お得

スポンサーリンク



こんにちは。

今日はクレジットカードについてのお話です。

今の時代、社会人で持っていない人はまずいないと思いますが、持ってなければすぐに作りましょう。

どのクレジットカードが良いか?という事に関しては、話題に事欠かないほど情報が出てますので、ネットで検索するか本屋さんで一度立ち読みしてみて下さい。

私もいずれ別記事で取り上げたいとは思っていますが、海外旅行が趣味なので、やっぱりマイル貯まる系のカードがオススメです。

クレジットカード払いの仕組み

まず基本的なクレジットカードの仕組みについて。

そんなの興味ないよーと思うかもしれませんが、まぁ知っておいて損はないです。

何事も仕組みをきちんと理解することは大切。

さて、お店で私達がクレジットカード払いをすると、商品はその場でもらえますが、自分のお金がはすぐに減りませんよね。

クレジットカード払いだと、1ヶ月に使った金額が合計され、次の月に請求が来ます。

忘れた頃に多額の請求がきてびっくり!なんて経験、一度はあるのでは?

では、お店はその間お金をもらえず損をしている状態なのでしょうか?

実はそうではありません。

これではお店にとって不利な取引なので、この仕組みは成立しません。(後でお金が入ってくるから大した問題じゃないと考える人がいるかもしれませんが、キャッシュフローという観点から考えると実は大問題。詳しい話はまた今度)

では、どうなっているかというと、クレジットカード会社が立替え払いしてくれているのです。

いわゆる信用払いというやつですね。(クレジットとは元々、信用という意味。余談ですが、韓国語ではクレジットカードの事ををシニョン(=信用)カードと言います)

ただし、これではカード会社が、私達からお金をもらえるまでの1ヶ月間損をしてしまいます。

そこで、クレジットカード会社はお店から何%か手数料をとっています。

お店は手数料をとられていますが、消費者はクレジットカード払いで得をしたい(理由は後述)ので、クレジットカードが使えるお店で買い物をします。

つまり、お店にとっては売上UP。

長くなりましたが、こうして3者(消費者、カード会社、お店)ともにメリットがあるため、このクレジットカードというシステムが成立しているのです。

めでたし、めでたし。
…なんとなく理解できましたか?

ポイントやマイルが貯まる

さて、本題に入りましょう。

皆さんご存知かと思いますが、クレジットカードで支払いをすると、その何%かがポイントや飛行機のマイルとして加算されます。

ポイントが貯まると何か商品がもらえたり、中には請求額からの割引に使えて実質現金化できるものなど、本当に多種多様。

還元率は0.5%程度のものから、中には1.5%越えというカードまで存在します。

1.5%ってけっこう大きいですよね?例えば、10,000円の買い物したら、150円の差。ジュース一本買えちゃいます。

単純な話、これを現金で払うと150円損していると言えます。10回続けば1,500円。今度はランチ一回分。

このように、小額でも積み重なれば大きいのです。

高額払いこそクレジットカード

さて、クレジットカードで払うとお得だということは分かりました。

では、最大のチャンスはどんな時でしょうか?

それはもちろん、支払い金額が大きい場合です。

ただ、自分一人だけで高額な支払いする機会はあまりないですよね。(逆にあったとしたら大問題で、すぐに改善が必要)

となれば、そう、他人の分を立て替えて払うケースです。

以下、いくつか例を紹介。

1. 大人数での食事

これが一番よくあるケース。

特に20代の若手社員となると、会社の宴会幹事はお決まりの仕事。

大変で面倒くさいと思う人が多数でしょうが、逆にポイント稼ぐチャンスと割りきりましょう。

一人4,000円で30人なら120,000円。1.5%還元で1,800円。

自分だけ半額で飲めたと思えば少し嬉しくないですか?

ただし、お店によってはコースだとクレジット払いNGの所もあるので要注意。

おそらく手数料が馬鹿にならないんでしょうね…。

会費は現金で集金して、お店ではカード払い。これが鉄則です。(多額の現金はすぐにATMで預金しましょう)

2.会社の経費立替え

これも有望なケースですが、会社用のクレジットカードを支給されている場合は残念ながら使えません。

最近はこういう会社が増えているかもしれませんね。

1に比べると大した金額ではないかもしれませんが、出張旅費など、可能な場合は全てクレジットカードを心がけましょう。

通勤定期の購入も言わずもがなです。

3.海外旅行の現地費用

海外旅行に行く際、皆さんはどれくらい外貨両替していますか?

私はさほどしません。一週間以内であれば1万円ほど。

場所にも依りますが、大体カード使えますので、カード払いしましょう。(発展途上国だと現金がある程度必要。カード払いすると手数料とられる場合もあり)

多額の両替をしてしまい、使いきれずに後で困る心配もないですしね。

私の経験では、クレジットカード先進国は韓国。本当にどこでも使えます。カフェやコンビニでも当たり前。

日本で数百円の支払いをカードで、というとさすがに気が引けますが、韓国では全然普通。

しかもサインは何でも(線一本でも)OK。恐るべし…。

以上、クレジットカードのメリットと、活用すべきシーンを簡単に紹介しました。

investor M
今日のまとめ
できる限り支払いはクレジットカードで。特に多額の立替え払いは絶好のチャンス!

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢