家計簿アプリは「かけ~ぼ」で決まり!便利機能と使い方を解説!

スポンサーリンク



こんにちは。

久しぶりの家計簿ネタです。

皆さん、家計簿はつけていますか?

資産形成したい(=お金を貯めたい)方にとって、家計簿はもう必須中の必須アイテムです!

20代の若者必見!お金持ちへの第一歩は家計簿

2016-05-21

まだの方は、ぜひスマホアプリで家計簿を始めましょう!

たった10秒!家計簿はスマホアプリで

2016-05-24

今日は、私のおすすめ家計簿アプリ、「かけ~ぼ」について紹介します。

私もかれこれ、5年以上利用していますが、とても見やすくて便利ですよ。

それでは、順番に見ていきましょう。

無料の家計簿アプリ「かけ~ぼ」とは?

さて、この「かけ~ぼ」というアプリ、その名の通り家計簿をつけるためのアプリです。

アイフォン、アンドロイド共にOKで、しかも無料!

これは利用しない手はありませんよね。

 

かけ〜ぼ(家計簿)
かけ〜ぼ(家計簿)
開発元:Kyoko Sato
無料
posted with アプリーチ

 

特徴としては、とにかくシンプルで使いやすく、ビジュアルがきれい!

余計な機能はついていません。

家計簿アプリとしては、他にもレシート読み取り型のアプリや、口座と連携した管理型のアプリもありますよね。

ただ、個人的にはこのシンプル型(紙ベースの家計簿を電子化したもの)がベストだと思っています。

なぜなら、”家計簿を主体的に管理できる”からです。

自動化は便利ですが、どうしても受け身になってしまいがち。

すると、自分で考えたり、結果を分析したりする機会が減ってしまいます。

自分で入力していれば、少なくとも家計簿に目を通す回数は増え、その都度お金の流れを気にするようになりますよね。

というわけで、資産形成を目指す(お金を貯める)のであれば、絶対シンプル型にしましょう。

家計簿アプリ「かけ~ぼ」の便利機能

では、おすすめアプリ「かけ~ぼ」の便利機能を紹介していきます。

グラフが超きれい!費目別に自由自在!

まず、何と言っても見た目がきれい!

エクセルで作ると、地味に手間がかかりますし、大変ですよね。

費目毎に、月毎のグラフが自動で表示できます。(青が収入、赤が支出)

「かけ~ぼ」アプリでは、費目毎に毎月のデータが確認できる!グラフも超きれいです!

同じ操作が、年毎にも可能です。

こちらは、家計簿をつけ始めてからの、合計が表示できますね。

年毎のデータも表示可能!

ぜひ、早めにつけ始めましょう。(収入が得られるようになったら始めるのがおすすめ)

金額はふせましたが、ここ数年は、安定して毎年300万円ほど貯めることができています。株式投資による収入が大きいですが、家計簿をつけることも二次的な効果があると思います。(固定費削減の意識やモチベーションアップにつながる等)

20代からの投資!おすすめは個別株

2016-06-23

 

…少し話が逸れました。

さて、毎月の費目内訳も一目瞭然です!

こちらは、円グラフで見やすく表示されます。

毎月の費目内訳は円グラフで表示可能!

もちろん、金額と割合も見れます!

何にいくら使っているかが、よく分かるので、ぜひ活用しましょう。

まずは、通信費等の固定費が削減できないか見直してみてはいかがでしょうか?

スマホ代節約!simフリー端末と格安sim

2016-06-08

データ引継ぎ&バックアップはDropboxで楽々!

続いて、データの引継ぎとバックアップです。

かけ~ぼのデータは、CSVというテキストファイルで管理されており、それをアプリで読み込むことで表示させています。

つまり、このCSVファイルを持っていれば、どのスマホからでも表示が可能になります。(もちろん、「かけ~ぼ」アプリが端末にインストールされていることが前提)

「かけ~ぼ」アプリでは、このCSVファイルをDropbox(=インターネット上)に簡単に保存できます。

「かけ~ぼ」アプリでは、CSVファイルをDropboxにバックアップ可能!

Dropboxのアカウントがない方は、この機会に作っておきましょう。

活用場面としては、例えば、スマホを買い替えた時(あるいは紛失してしまった時)を考えてみましょう。

こんな時は、

  1. 新しいスマホに「かけ~ぼ」アプリをインストール
  2. バックアップ(上のスクショ画面)の”接続”を押してDropboxへ接続
  3. ”CSV入力”を押して元データを読み込み

以上で、すぐに引継ぎ(あるいは復元)完了です。

基になっている入力データが、ローカルではなくクラウド(=インターネット上)に保管されているので安心!というわけですね。

こまめに入力してきた家計簿のデータは、立派な資産です。

なので、インターネットを活用して大切に保管しましょう。

家計簿アプリ「かけ~ぼ」の使い方

では、ここから操作手順について簡単に紹介していきます。

スマホを使っている方であれば、全然問題なく使いこなせます。興味ない方は読み飛ばして下さいね。

家計簿データの入力方法

まずはデータの入力方法から。

基本のカレンダー画面で、入力したい日付を選び、一番下の「鉛筆ボタン」をクリックします。

データを入力したい日付を選び、一番下の鉛筆ボタンを押せば入力画面へ!

すると、以下の画面が表示されるので、費目、メモ、金額を入力します。

メモは入力しなくてもOKですが、書いておけば、後々役立つこともあると思います。尚、同じ日付に同じ費目で複数入力すると、自動的に合算されて一つになります。なので、分けたい方はメモに何か書いておきましょう。(例:同じ食費でも昼食費、夕食費など)

全て入力し終えたら、「保存(フロッピー?)」ボタンを押して完了です。

尚、費目は「検索(虫メガネ)」ボタンを押せば、あらかじめ設定しておいたものから選択できます。

例えば、こんな感じ。

費目はあらかじめ設定しておいたものから選択可能。色分けもできるので、分かりやすい!

費目の設定は重要なので、自分にあった分け方を考えてみて下さい。

家計簿の費目(カテゴリ)はどう分ける?支出編

2016-06-11

家計簿の費目(カテゴリ)はどう分ける?収入編

2016-06-02

後からでも追加できるので、まずは必要そうなものだけ設定しておけばOKです。

費目の設定方法

続いて、費目の設定方法を紹介します。

カレンダー画面の右上の「かけ~ぼ」という所を押すと、設定メニューが現れます。

ここから、費目だけでなく、各種設定が全てできます。

カレンダー画面の右上を押すと、設定メニューが表示される!

費目の設定は一番初めにあるので、ここをクリック。

すると、以下の画面になります。

新しく設定する場合は、一番下の「新規追加」をクリック。

費目の設定画面。新規追加は一番下の+ボタンから。項目の長押しで費目の並べ替えも可能です。

次の画面で、費目の設定を行います。

設定項目は、以下の4つ。

  • 費目:費目の名前を入力(食費、交通費など)
  • 色:好きな色を設定、この色で円グラフも作成されます。
  • 金額:空欄でOK(決まった金額がある場合は入力可)
  • 割当:入力ボタンのフリックに四つまで設定可能。(良く使うものを設定してもいいですが、設定なしで良いと思います)

入力したら、登録ボタンを押して終了。

以上で費目の設定は完了です。

 

他にも、Dropboxを使ったデータのバックアップや、固定費の設定等もここから全てできます。

「かけ~ぼ」アプリでは、細かい設定がいろいろ可能!一つずつチェックしてみよう!

一項目ずつ触ってみて、自分のスタイルにあったオリジナルの家計簿を作り上げてみましょう。

以上、本日は家計簿アプリ「かけ~ぼ」の便利機能と使い方について紹介しました。

ではまた!

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢