20代で車は必要?維持費を考え購入は慎重に

スポンサーリンク



こんにちは。

今日の話題は車です。

社会人になり、給料をもらえるようになったら、まず買いたいものの一つではないでしょうか?

この気持ち、とてもよく分かります。

車はかっこいいし、便利。最近の若者は車離れとよく言われますが、それでもやはり高級車は社会人男性の憧れ…。

でも、お金が貯まったらすぐに買うのがベストな選択なのでしょうか?

夢は少し置いておいて、現実的にいつ購入するのが良いのか、少し考えてみましょう。

車は本当に必要か?

この質問、皆さんはどう思いますか?

私は、20代独身であれば、No(つまり不要)だと思っています。特に、大都市で交通網が発達しているエリアに住んでいれば尚更です。

ただし、田舎であれば、車がないと仕事に行けないなどの理由で必要性は高くなってくるかもしれませんし、家族ができれば、もちろん一台は必要だと思います。なので、今回はあくまでも、20代独身を対象として考えます。

さて、ではそもそも車を購入する動機は何でしょうか?
おそらく、

・かっこいい、もてたい
・移動が楽、便利
・所有欲(社会人のステータス的な)

といったところでしょうか。特に男性はこんな理由が多いのでは?

この考え自体は私も同意するところではありますが(車を持っている男性は魅力的だしかっこいい)、これらの理由で共通するのは、”生活する上で必要不可欠なものではない”という点です。

そう、車はあくまでも贅沢品・嗜好品。

例えば、あなたが突然失業して、生活費がきつくなった時に、車を持っていたらどうしますか?おそらく売って生活費の足しにするのでは?

車というものの性格上仕方がないのですが、車はなくても生きていけるのです。

まぁそんなことは承知の上、と思って所有している方が多いと思いますが、本当に必要がなく、20代から資産形成したいと思うのであれば、購入しないのが賢明な選択です。

車にかかる維持費はいくら?

皆さん、いくらぐらいか考えたことありますか?

私が、車をもつことが資産形成の妨げになると考える大きな理由として、その維持費の高さがあります。

端的に言うと、車本体を買って、後はガソリン代だけで乗れるなら、それほど問題はありません。もちろん、数百万の出費は痛いのですが、ただの高額な買い物だけで、購入後の費用がそれほどかさまないからです。

このように、資産形成上で問題になるのが、車を持ちつづける限り発生する高額な税金や保険料。

では、具体的に見ていきましょう。
人によって差はあるでしょうが、一般的なケースを例に考えます。

例:入社後、25歳で車を買ったAさんと、買わなかったBさんの5年後は?(つまり30歳になる時点)

・車購入費:250万円
・ガソリン代:7千円/月→42万円
・保険料:7千円/月→42万円
・駐車場代:1万円/月→60万円
・自動車税:4万円/年→20万円
・車検/重量税:20万円(3年目、5年目)

合計:434万円(5年間でこんなに差が!)

ガソリン代は会社から補助があるとか、駐車場代はもっと安いという方もいるかもしれませんが、メンテナンスや消耗品などは計算にいれていないので、実際は500万円近くだと思います。

私は車をもっていないので、あまりちゃんと計算した事なかったですが、恐ろしいくらい高いですね…。

同じ給料もらっていても、AさんとBさんでは30歳時点で500万円も資産が違うのです。(次章で述べますが、実際はもっと差が出ますし、維持費も今後かかり続けます)

この現実、皆さんはどう受け止めますか?

車を持たないことで得られる金額は?

一つ前の章で、車をもつAさんと持たないBさんの資産が5年で500万円の差になることを説明しました。

ただし、資産運用を考えると、さらに差は大きくなってしまいます。

どういうことかと言うと、Aさんが車購入に当てた250万円、Bさんがそのまま預金していれば関係ないのですが、投資で運用していたらどうなるでしょうか?

例えば、年率5%で運用していたとすると、合計利息は、一年目で125,000円、二年目は256,520円と増えていき、五年目では、690,704円となります。(複利なので、125,000円×5=625,000より多くなります)

つまり、25歳時点の250万円は、30歳時点では319万円に増えているのです。これに毎年の車維持費分の運用を考えると…。

お分かり頂けたと思いますが、高額な買い物をするという事は、それを将来運用して得られるお金も消費していることになるのです。

それでも車は欲しい!

これまで、車の購入についてネガティブな事ばかり述べてきましたが、それでもやっぱり車は欲しいですよね。

私もそうです。将来は絶対買おうと思っています。

今日言いたかったことは、買う時期をなるべく遅めれば、それだけ後でメリットがあるという事。

逆に言うと、早めに多額の資産を作ってしまえば、その運用で得られるお金だけで車を維持することも可能になります。これが、20代の若者に目指してほしい私の考え方。

最後に、自動車産業は日本を支える基幹産業ですので、車が売れなくなると不景気で困ります。ただし、価格の安い軽自動車ばかり売れても企業は儲かりません。

そこで、20代でしっかりと資産を築き、30代以降で欲しかった高級車を買いましょう。

それが、個人にとっても日本の経済にとっても良い選択だと私は思います。

investor M
今日のまとめ
車は購入が遅いほど資産形成に有利。20代で資産を築き、30代で高級車を買おう。

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢