Zip Simの使い方!アメリカで使えるプリペイドsim

スポンサーリンク



こんにちは。

海外旅行ネタです。

今日はアメリカ(米国)で使えるプリペイドsimについて。

アメリカでもAT&TやT-mobile等で購入できますが、今回は日本で予め購入できる”Zip Sim”というsimについて、体験談を基に使い方を紹介したいと思います。

使用にあたっては、simフリー端末を持っていることが前提になりますので、何それ?という方は、まずこちらをどうぞ。

スマホ代節約!simフリー端末と格安sim

2016.06.08

Zip Simの種類とメリット

7日間有効&データ容量500MBのZip Sim!一週間の旅行には最適

7日間有効&データ容量500MBのZip Sim!一週間の旅行には最適

そもそもZip Simとは、T-mobile USのMVNO(Mobile Virtual Network Operator, T-Mobileの通信ネットワークを借りて格安simを提供する業務形態)で、元々はReady Simという名前でした。

それが、2016年4月1日より、Zip Simに改名されたようです。

私は今回始めてこのZip Simを使用してみましたが、メリットがたくさんありました。

種類(有効期間/通信容量)が多い

これは重要なポイントですよね。

以下のようなラインナップが揃っており、短期旅行や出張には絶妙の設定。

欲を言えば、値段がもう少し安いといいですが、アメリカなので妥当でしょう。値段が以前より安くなったようです。(2017年1月現在)

  1. 7日間有効、データ通信500MB、¥2,780 2,380
  2. 14日間有効、データ通信1GB、¥3,980 3,180
  3. 21日間有効、データ通信1.5GB、¥5,480 4,880(④より高い?)
  4. 30日間有効、データ通信2GB、¥6,380 4,480

 

Simサイズは一枚で全種類に対応可能

Simのサイズは、端末によってStandard, Micro, Nanoと3種類ありますが、Zip Simは一枚で全種類対応可能です。

以下のように、切り取る位置でそれぞれのSimサイズに対応できるようになっています。

Zip Sim!! Simサイズは一枚で全てに対応

Zip Sim!! Simサイズは一枚で全てに対応

シンプルだけど画期的で賢いデザインですよね。

これで、サイズを注文し間違える心配もなし。(ただし、切り取る時は注意しましょう)

アメリカ国内のSMS&通話無料

これ、すごくないですか?!

何と通話し放題!

ネットだけできればいいという方が多いかもしれませんが、電話が使えると何かと便利。

日本国内であればLINEで連絡できるかもしれませんが、アメリカとなると話は別です。

想定される活躍シーンとしては、旅行者であればレストランの予約、出張者であれば現地のアメリカ人との連絡など。

尚、日本への通話は当然国際電話となり、別途追加プランが必要となるので注意しましょう。

日本からの電話を受けるのは無料のようです。(日本側に国際通話料金がかかる)

Zip Simの購入方法

Zip SimはAmazonで購入します。

アメリカへ出発する前に日本で注文し、受け取っておきましょう。

ネットで購入できるので、時間がない方でも安心。

Amazonプライムを使えば、即日届きますので、急な出張などにも対応可です。

現地に着いてからわざわざ探さなくてもよいので、安心感がありますし、時間も節約できますね。

Zip Simのアクティベート方法

さて、アメリカに到着したら、以下の手順でsimをアクティベート(有効化)します。

【追記(2017年1月)】2016年11月8日より、仕様が変更になり、アクティベート方法が簡単になりました。Zip Codeを送信する必要がなくなり、アメリカに着いて電源を入れただけで、電波を受信後、勝手にアクティベートされるようになりました。その影響で、電話番号はローカル(現地)の市外局番ではなくなりましたが、まぁ特にこだわりがない方以外は関係ないと思います。尚、APNの設定は同じです。

2016年11月8日よりzip simの仕様が変更になり、アクティベートが簡単に!電波を受信後、自動的に開通します!(設定はAPNのみ)

  1. Zip Simを端末へ挿入し、電源をONにする
  2. “7850”宛に、アメリカ国内の5桁の郵便番号(Zip Code)を送信する*2
  3. APNを”wholesale”に設定する*3

*2: その地域の市外局番の電話番号を割り当ててくれます。滞在先のホテルのZip Codeを送信しておけばOK。(何も送信しないとランダムで電話番号が設定されます)

*3: “設定”→”モバイルネットワーク”→”アクセスポイント名”で設定。数分してネットが繋がらなければ、再起動してみましょう。

↓仕様変更により、以下の作業は不要に(2016年11月8日~)

"7850"宛にZip Codeを送信すると現地の電話番号をGet!!

“7850”宛にZip Codeを送信すると現地の電話番号をGet!!

参考に、付属の説明書の画像も載せておきます。

IMG_20160710_120602 IMG_20160710_120726

以上で、設定は完了です。

Zip SimのTop Up(延長)方法

さて、当初の予定から期間を延長したい!という場合には、Top upが可能です。(追加チャージの事を、海外ではよくTop upと呼びます)

尚、有効期間が切れる前にTop Upを行うと、プランが上書きされてしまう(残りのデータ容量&使用期間がなくなってしまう)ため、期限が切れてからの延長がおすすめです。ただし、Top Upが可能なのは、期限が切れてから72時間以内なのでご注意を。

まずは、以下のリンクから、Zip SimのTop Upページへいきましょう。

Zip Sim HP(Top Up): https://www.zipsim.us/topup

以下、延長手続き(Top Up)の方法を紹介します。

延長プラン(Top Up Plan)を選択

まずは、購入したいプランを選択します。

Zip Simの延長プラン(Top Up)

期間やデータ容量によって、自分の必要なものを選びましょう。

通話付きのプランは以下の5種類で、元のSimカードより若干高め。(番号が変わってしまいますが、あらかじめ延長するのが分かっている方は、2枚買っていった方がお得?)

  1. 3日間有効、データ通信100MB、15USドル
  2. 7日間有効、データ通信500MB、25USドル
  3. 14日間有効、データ通信1GB、35USドル
  4. 21日間有効、データ通信1.5GB、45USドル
  5. 30日間有効、データ通信2GB、55USドル

ログインまたはアカウントの作成

プランを選択すると、以下の画面にとびます。

Zip SimのTop Upにはアカウント作成が必要!

Top Upには、アカウントが必要になりますので、持っていない方はここで作成しましょう。(もちろん無料です)

アカウントが作れたら、ログインして先へ進みます。

Top UpするSim IDを入力

続いて、Top UpするSimのIDを入力します。

Top UpするSimのIDを入力。

自分の使っているSimのIDは、シムカードのバーコードの下に書かれています。

最後のアルファベットを除いた19桁を入力して下さい。

Sim IDはシムカードのバーコードの下の数字19桁。(最後のアルファベットは除く)

内容確認&支払い

以上が完了したら、購入する内容を確認して、代金を支払います。(クレジットカード払い)

“Place Order”をクリックしましょう。

内容を確認し、”Place Order”をクリックして支払いへ!

支払いが完了すると、登録したメールアドレスに明細が送られてきます。

以上で、Zip Simの延長手続きは完了です。

データ残量の確認方法

Top Upが完了したら、データ残高が更新されているか確認してみましょう。

7850に、SMSで”balance”と送れば、確認できます。

データ残量は7850に”balance”を送信。Top Upで残高が回復していることを確認しよう

 

さて、今日はアメリカで使えるプリペイドSimカード、Zip Simについて紹介しました。

通話、SMS、ネットを自由に使い、快適にアメリカを楽しんで下さい。

尚、アメリカ旅行の際は、ユナイテッド航空でマイルを貯めるのがおすすめです。(ANA利用の場合もお得に貯まります)

ユナイテッド航空マイレージプラスとセゾンカードの組合せは最強!

2016.09.13

では、良い旅を!

investor M
今日のまとめ
アメリカでプリペイドsimを使いたいなら、日本のAmazonで出発前に購入できるZip Simがおすすめ。料金プランも豊富で、アメリカ国内は通話し放題。アクティベートや期間延長も簡単にできる!

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢