韓国行くならAIS SIM 2 Fly!日本で購入可能なプリペイドsim

スポンサーリンク



こんにちは。

海外旅行ネタ、韓国編です。

今日は、韓国で使用できるsimカード、「AIS SIM 2 Fly」について紹介します。

渡航前に、事前に日本(Amazon)で購入&アクティベートできるので、とても便利で安心です!

 

 

今回初めて使用してみましたが、結論から言うと、とてもお得で使いやすかったです!(テザリングも可能)

なので、これから韓国へ行かれる方には、ぜひおすすめしたいと思います。

では、メリットや使い方について、詳しく見ていきましょう。

AIS SIM 2 Flyの特徴&メリット

AIS SIM 2 Flyとは?

まずは、この「AIS SIM 2 Fly」というsimカードについて、簡単に紹介しておきます。

AISはタイの通信会社で、この会社が販売しているプリペイドsimカードになります。

韓国なのにタイ?

と思われる方もいるかもしれませんが、ローミング(韓国の通信会社の回線を利用)できるので、問題なく使用できます。

尚、韓国で使う場合はKT、日本で使う場合はSoftbankの回線になります。

 

現地(韓国)でsimを買うより安い

さて、私が「AIS SIM 2 Fly」をおすすめする理由ですが、一番大きいのは価格が安いことです。

以前の記事で紹介しましたが、韓国のプリペイドsimカードは値段が高いです。

仁川国際空港でKTmobile simカード購入&使い方を紹介!

2017.06.18

このkt simの主な仕様はこちら。

  • データ通信容量:1GB
  • 有効期間:30日間
  • 料金:34,900ウォン(≒3,500円)

 

有効期間は長いのですが、例えば2泊3日の旅行では、かなり無駄になってしまいます。

 

それに比べて、「AIS SIM 2 Fly」の仕様がこちら。

  • データ通信容量:4GB(超過した場合、128kbpsへ速度制限)
  • 有効期間:8日間
  • 料金:1,630円

 

データ容量が4Gと大きく、価格も半額以下!

短期旅行で行く人には、かなり魅力的ですよね。

 

アジア各国(日本含む)でも使用可能

もう一つのメリットがこちら。

韓国だけでなく、他のアジア諸国や日本でも使用できます。

なので、韓国渡航前に日本でアクティベートして使い始めたり、韓国から帰国後に、余った容量を日本で使うことも可能です。

つまり、韓国にいても、日本にいても、しっかり4GB&8日間使用することができるんですね。

 

尚、使用可能な国は下記。

  • 韓国
  • 日本
  • 台湾
  • 香港
  • マカオ
  • シンガポール
  • オーストラリア
  • ネパール
  • マレーシア
  • インド
  • ラオス
  • フィリピン
  • カンボジア
  • ミャンマー
  • カタール
  • インドネシア

 

複数の国を周遊する場合も、設定等変えることなく、そのまま使用できるのでとても便利ですね。

AIS SIM 2 Flyの設定&アクティベート方法

では続いて、実際の使用方法について見ていきましょう。

simカードは、日本で事前にAmazonから購入可能です。

 

 

simカードが届いたら、日本でアクティベートを完了させておきます。

有効期間は、アクティベートしてから8日間になるので、旅行期間を考えてアクティベートしましょう。例えば、出発の前日などが良いと思います。

 

まず、simカードを切り取って、スマホへ挿入します。

尚、simカードは、nano/microいずれにも対応しています。

「AIS SIM 2 Fly」が到着!海外出発前に日本でアクティベートしておこう!

アクティベートに関する説明書も同封されています。

アクティベート方法の説明書が同封されているので、これに従ってアクティベートしよう!

他のsimと同様に、APNを設定するだけなので、超簡単です。

設定は下記。

  • 名前:AIS
  • APN:Internet
  • ユーザ名:空欄
  • パスワード:空欄
  • 認証方法:CHAP

 

以下、スクショです。

「AIS SIM 2 Fly」のアクティベート設定

「AIS SIM 2 Fly」のアクティベート設定

ここまで出来たら、アクティベートは完了。

あとは、ローミングをONにすれば、ネットに繋がります。

アクティベートが完了すると、以下のSMSが届きます。

「AIS SIM 2 Fly」のアクティベート完了後のメッセージ。有効期間が書かれています。

英語で書かれているので、理解しやすいですね。

有効期間が書かれていますので、確認しておきましょう。(アクティベート後、8日間)

 

以上で設定は全て完了です。

あとは韓国へ到着後、そのまま使用可能となります。

尚、テザリングも試してみましたが、問題なく使えました!

 

以上、今回は韓国で使えるプリペイドsimカード、「AIS SIM 2 Fly」について紹介しました。

では、良い旅を!

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢