20代からの投資!おすすめは個別株

スポンサーリンク



こんにちは。

今日は投資のお話です。

20代から資産形成をしようと思ったら、避けては通れない道です。というか、むしろ通るべき道です。

なぜなら、20代では給料も低く、節約するだけでは貯められる金額に限界があるからです。

となると、考えるのは所得を増やす方ですよね。

所得を増やす方法としては、投資以外にも副業が考えられますが、投資(特に株)は、比較的簡単に始められ、長期スパンで増やすことができるので、サラリーマンにおすすめです。

そもそも投資とは?

さて、そもそも投資とは何でしょうか?

簡単に言うと、自分のお金を何かを介して増やすことです。

例えば、手持ちの10,000円で株を買い、一年後に11,000円になったところで売却したとしましょう。この時、運用利回りは10%(一年間でお金が10%増えた)です。

利回りは当然、高い方が嬉しいですが、そんなにうまい話は世の中ありません。

利回りが高いということは、逆にリスクも高いということです。

上記の株の場合であれば、当然9,000円に下がることもあります。この場合は10%の損失。

この点、銀行預金であれば元本保証。

つまり、預けたお金が減ることは絶対にありません。ただし、ご存知の通り、銀行預金の利子はほとんどゼロなので、増えることもありません。

なぜ投資が必要?

じゃあ銀行預金しておけばお金は減らないから安心。別に投資なんてしなくてもいいじゃん、というのが多くの若者の発想かと思います。

まぁそう考えたくなるのも分かりますが、それでは一生資産は増えないし、インフレ時代には不利です。

どういうことかと言うと、預金額は一定なので、インフレで物価が上がると、お金の価値は相対的に下がります。

例えば、100円の商品がインフレで110円になると、今まで持っていた100円ではその商品が買えなくなりますよね。

つまり、物価上昇に合わせて、100円を投資で110円に増やさないと、同じ資産価値を維持できないのです。

少し話が逸れましたが、まぁとにかく資産を増やそうと思ったら、投資は絶対に必要です。

投資と言っても株、投資信託、債券、FX、不動産など様々な種類がありますが、私はその中でも株をおすすめします。

株を買おう

私が、20代の若者に株をおすすめする理由は、主に以下の四点です。

1. 企業に興味をもつ

まず、最大のメリットはこれです。

株を買おうと決めたら、多くの人はいろいろな会社について調べることから始めると思います。

どんな事業をしている会社か?
売上/利益はどれくらいか?
将来の成長が見込めるか?

やはり、自分のお金を託すことになるので、本気度が変わってくるはず。

そういう意味でも、私はまずどの銘柄でも良いから、とにかく買ってみる事をおすすめします。買わない(自分のお金を投資していない)となかなか本気になりませんからね。

もちろん失敗することもあると思いますが、失敗したら、そこから学べば良いだけです。

初めから上手く行く人なんていませんし、絶対に損しない人もいません。

最初は小額から始めているはずなので、勉強代だと思えば安いもの。

成功するためには、次にどうすれば良いか考えましょう。

2. 決算書の見方が分かる

ところで、株を所有していると、その企業から決算報告が届きます。

皆さん、企業の決算て見たことありますか?

20代のサラリーマンであれば、見たことない方が多いかもしれませんね。ひょっとすると、自分が勤めている会社の決算ですら見たことない方が多いのでは?

サラリーマンでも、会社に勤めている以上は、基本的な用語は理解しておくべきです。

”興味ないから知らない”とか、”経営者にならないから必要ない”と言っていては、なんか寂しいですし、何よりもったいないです。

投資にもキャリアアップにも役立つので、一石二鳥。

例えば、損益計算書(P/L: Profit and Loss Statement)とバランスシート(B/S: Balance Sheet)。

この二つは是非社会人として覚えておきましょう。

中身については、また別の記事で紹介予定。気になった方は少し調べてみましょう。

他にも、PER,PBR, ROEなどたくさんの用語がありますが、知っておくと投資の際に便利なものばかりです。

3. 20代はリスクがとれるので有利

株は、債券や投資信託と比べると、比較的リスクが高い資産と良く言われますが、だからこそ20代の若者に是非買ってほしいです。(そもそも私は他に比べてリスクが高いとは思っていませんが…)

なぜなら、20代独身の間は最もリスクがとれる期間だと思うからです。

歳をとって家族ができたら、あまりリスクの高い投資はしたくないですよね?

しかし、20代であれば、極端な話、全額損してもやり直し可能です。

私の考えでは、20代のうちに株への投資を経験しておけば、いろいろと勉強でき、将来も株で利益を出しつづける事ができると思います。

失敗するなら傷が浅いうち。皆さんはどう考えますか?

4. 株主優待がもらえる

最後にこれ。

最近はテレビや雑誌などで良く取り上げられているので、知っている方も多いと思います。

株を持っていると、配当金(銀行預金で言うと利息)だけでなく、優待がもらえる企業もあります。

自社の製品、クオカード、ご当地の名産品と、その種類は様々。飲食品や洗剤の日用品から、レストランの食事券、映画券までけっこう何でもあります。

株の値上がり益を狙う上ではオマケみたいなものですが、利回りが良いものもたくさんあるので、長期保有して生活の足しにするのも悪くないと思います。

例えば、洗剤がもらえる株をずっと持ちつづければ、洗剤を買う必要はこの先ずっとなくなります。

自分のニーズに合わせて、うまく活用できると良いですね。

investor M
今日のまとめ
資産形成に投資は必須。20代はリスクがとれるので絶好のチャンス。まずは株を買って本気になろう!

 

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

investor M

資産形成と海外旅行が大好きな20代後半男性。投資で着実に資産を増やし、時間に縛られないライフスタイルを目指す。将来は早期リタイアして世界一周旅行に行くのが夢