ヨセミテのバーナル滝&ネバダ滝トレイルは絶景満載!

こんにちは。

海外旅行ネタ、アメリカ編です。

今日は、ヨセミテ国立公園のトレイルコースの一つである、バーナル滝&ネバダ滝トレイルについて紹介します。

ヨセミテ国立公園は、年間500万人が訪れるという、アメリカでも屈指の人気国立公園です。

ヨセミテにはトレイルコースがたくさんありますが、中でもここはぜひ挑戦したい絶景トレイルです。

バーナル滝&ネバダ滝トレイルの概要

まずは概要について紹介します。

本トレイルは、目的地に応じて以下の3つに分類されます。(どんどん先へ行くか、途中で折り返すかの違いで、全て繋がっています)

  1. Vernal Fall Footbridge
  2. Top of Vernal Fall
  3. Top of Nevada Fall

難易度と所要時間は以下の通り。(ヨセミテ公式情報)

ヨセミテ国立公園のトレイル情報(ヨセミテガイド、Apr5-May16, 2017より)

抜粋すると、下記。

距離(往復) 時間(往復) 難易度
1 Vernal Fall Footbridge 1.4マイル 1~2時間 Moderate(レベル2)
2 Top of Vernal Fall 3マイル 2~4時間 Strenuous(レベル3)
3 Top of Nevada Fall 5マイル 5~6時間 Strenuous(レベル3)

※1マイル≒1.6km、難易度はEasy, Moderate, Strenuous, Very Strenuousの4段階

ネバダ滝まで行くコースだと、往復で5~6時間となっていますね。

今回、実際に登ってみましたが、往復約4時間で帰ってくることができました。

私は20代男性で、体力はそこそこある方だと思いますので、往復5時間くらいが一般的な所要時間でしょうか。

参考までに、今回かかった時間を紹介しておきます。

尚、距離と時間は共に出発からの合計で記載、復路は往路とは別の道です。

  1. 出発~Footbridge: 0.8マイル、20分
  2. Footbridge~Vernal Fall(Mist Trail): 1.5マイル、1時間
  3. Vernal Fall~Nevada Fall:2.7マイル、2時間
  4. Nevada Fall~Clark Point~帰着(John Muir Trail): 5マイル、3時間40分

合計で、3時間40分でした。

地図でみるとこんな感じになります。

後述しますが、一番過酷なのは、③のネバダ滝へ続く登り道です。

バーナル滝&ネバダ滝トレイルコースの紹介

さて、では順番にトレイルコースと見所を紹介していきます。

出発地点はシャトルバス#16

まず、トレイルの出発地点は、シャトルバスの16番です。

シャトルバスは朝7:00から運行していますので、ヨセミテバレーに宿泊している方は早朝がおすすめ。

私は、8時過ぎにトレイルを開始しましたが、周りにいたのは、10名程度でした。

復路はちょうどお昼頃で、たくさんの人(団体客も含む)とすれ違いましたので、午前中に登っておいて良かったと思いました。

出発~Footbridge

シャトルバスを#16で降り、バスの進行方向に少し歩くと、トレイルの入口に到着です。(Happy Isles Bridgeという橋を渡ります)

Mist Trail(ミストトレイル)の看板が目印です。

バーナル滝&ネバダ滝トレイルの出発はここから!

さて、いよいよトレイル開始!

朝は涼しくて気持ち良いので、やっぱり午前中がおすすめ。

登り始める前に、”しっかり水を補給していきましょう”の看板。

私はけっこう軽い気持ちだったので、実は500mlペットボトル1.5本分しか持っていませんでした。(内一本は0.5で飲みさしっていう…笑)

この看板を見て、”ネバダ滝は3lも必要!?”と焦りましたが…

結果的には何とか1.5本(750ml)で無事帰ってくることができました。

しかし、水分は多いに越した事はないです!

正直、水を節約しなきゃと思いながら登っていましたので…。

というわけで、最低でも2~3本くらいは持っていきましょう。

さて、まず第一のポイントである橋(Footbridge/Vernal Fall Bridge)までは、0.8マイル(=1.3km)です。

きれいな景色を楽しみながら、進んでいきましょう。

ここは、比較的登りやすい道が続きます。

約20分で、橋に到着。

Footbridge~Vernal Fall(Mist Trail)

橋で休憩したら、続いて、バーナル滝へ続くトレイルコースです。

ここは、ミストトレイルと呼ばれています。

滝から飛んでくる水しぶきのことで、ミスト(霧)と書いてますが、実際はけっこう強烈でした。

途中に分岐点がありますが、ミストトレイルの方向に行きましょう。

この看板に沿ってミストトレイルを進むとバーナル滝へ到着!

分岐を過ぎると、階段が急になってきます。

ミストで下が濡れているので、滑らないよう十分注意して歩いて下さい。

バーナル滝へ続く階段は急で濡れているので、滑らないよう要注意!

写真を撮ろうと試みるも、この水しぶき!!

けっこう風も吹いているので、険しい道のりです。

階段を登りきると、眼下には虹!!

かなりきれいに見えたのでテンションアップ!

バーナル滝もきれいに撮れたので満足。

ここで少し休憩しましょう。

橋からここまで約20分、出発から約40分で到着です。

この先、バーナル滝の頂上へ上ります。

見上げると、こんな急な道!

年寄りの方も登っているので、20代の若者として負けるわけにはいきません。笑

登りきると、バーナル滝が間近に見れます。

この辺りは広い平地になっているので、座って休憩もできます。

体力のある方は、先を急ぎましょう。

ここまでで、出発から約1時間が経過です。

Vernal Fall~Nevada Fall

続いて、いよいよネバダ滝を目指します。

後述しますが、ネバダ滝へ続く最後の階段はかなりきついです!

進む方は、覚悟をもって行きましょう。笑

まぁ、登山に慣れている人や健康な若者なら大丈夫と思います。

滝のふもとまでは、これまで同様、比較的歩きやすい道が続きます。

が、岩場に入ったら要注意!

ここから地獄の階段が始まります。

見上げると、この急斜面。

こんな道が永遠と続きます。

20分~30分くらい登り続けたと思います。

登りはこれで終わり、と気持ちを奮い立たせて、何とか登り切りました。

階段を登りきると、この看板に突き当たります。

必ず右に進みましょう!

左に行くと、さらにハーフドームに続くトレイルコースが待っていますが…

多分、一般の人はここら辺が限界だと思います。

左に行っていいのは、特別な人達(アルピニスト?登山家?山ガール?)だけ!笑

私の前に登っていた若者の団体が行こうとしていましたが、結局後で再会したので、諦めたみたい。

そりゃそうだよな…。

ここまでで、既に2時間経過、帰りも考えると正直もう登りたくないです。

さて、頑張って登っただけあって、頂上には絶景ポイントが盛りだくさん!

まずはネバダ滝。

激流です。

そして、そびえたつリバティ・キャップ。

頑張って登った甲斐がありますよね。

見渡す限りの絶景です。

どうでしょう!この大パノラマ!

橋の近くには、平坦で座れる場所がたくさんあります。

寝転ぶ人や、サンドイッチを食べる人達。

んっ??!!

今ランチの時間?!

そういえばお腹すいたかも…。

何か食べるもの持ってくれば良かったー!!!!><

おにぎり食べたいなぁと思うのは、やっぱり日本人だからでしょうか。

こんな絶景見ながら食べたら、具なしでもめちゃ美味いだろうな~

…と、妄想だけ膨らみました。笑

 

さて、絶景をもっと間近で楽しみたい方には、実は良いポイントがあります。

橋から滝に向かって右側の所に、崖のぎりぎりまで近寄れる場所があります。

一応てすりはあるように見えましたが、高い所が苦手な方には、ちょっと厳しいですね。

近くにいた若者グループは、皆行っていました。

下の写真の赤丸の所です。

怖いもの知らずの方はぜひ!

まぁ、ここ以外からでも、十分絶景は楽しめますのでご安心を。

Nevada Fall~Clark Point~帰着(John Muir Trail)

さて、ネバダ滝の頂上の景色を楽しんだら、いよいよ下山です。

帰りは登りがないので、かなり楽ですが、それでも足元には注意して降りましょう。

滝に向かって左の方(来た方と逆方向)に歩いて行くと、看板があります。

John Muir Trail(写真の下側の赤点線)という、往路とは違った道で帰りましょう。

急な階段がないので、こちらの方がおすすめです。

行きにも使えますが、その場合はバーナル滝が見れなくなります。実際、こちらから登ってくる方にも、少数ですが出会いました。

下り始めてしばらくすると、小さな滝に遭遇します。

これは、びしょ濡れになって通るしかありません。

と、思っていると、何と前の二人組が…

えっ?!そこ通るの??!!

そこまでして濡れたくない?!反対側は崖なんですけど…

さすが果敢な欧米人達。

私は、大人しく濡れながら通過しました。

防水のレインコートなんか持っていくと便利かもしれません。

この滝を抜けると、さっきまでいたネバダ滝と、リバティ・キャップの2ショット。

本当にきれい!

疲れた体が癒されます。

さらに15分ほど下ると、Clark Pointというビューポイントに到着します。

こちらは、全体がいい感じに収まります。

ここから、山の中に突入します。

一人でふらふら歩いていると、前方にやって来たのは…

何と、馬!

えっ?!ここ馬も通るの?!

突然の出来事に驚きました。

人間を乗せながら、器用に歩いて行きます。

馬も大変ですね~、暑いのに、ご苦労様です。

この後、ひたすら下り続け、無事にバス停まで帰ってくることができました。

ネバダ滝の頂上を出発してから、復路は約1時間40分でした。

往路は2時間かかったので、合計で3時間40分のトレイルとなりました。

頂上でランチとかしても、4時間~5時間くらいあれば十分可能だと思います。(ヨセミテ公式情報では、5~6時間と書かれています)

 

以上、今日はヨセミテ国立公園にある、バーナル滝&ネバダ滝トレイルについて紹介しました。

時間もかかり、道のりもなかなか険しいですが、ヨセミテを訪れたらぜひトライして下さい。

登ったら、そこには絶景が待っていますよ。

では、よい旅を!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です