セコイア国立公園へ行こう!日帰り観光コースを紹介!

こんにちは。

海外旅行ネタ、アメリカ編です。

今日は、アメリカ西海岸のカリフォルニア州にある、セコイア国立公園について紹介します。

あまり馴染みのない国立公園だと思いますが、あの有名なヨセミテ国立公園から車で3~4時間ほどで行けます。

なので、ぜひ合わせて訪れてみてはいかがでしょうか?

というわけで、”ヨセミテ国立公園のついでに一日だけ寄りたい!”という方向けに、今日は日帰り観光プラン(体験談)を紹介します。

もちろん、時間がある方は、公園内に宿泊してゆっくり観光するのがおすすめです。

セコイア国立公園への行き方

まず前日に、ヨセミテ国立公園から、近くの町まで移動して一泊しました。

セコイア国立公園の南西に位置する、スリーリバーズ(Three Rivers)という町です。

ヨセミテバレー(公園内)から、フレズノ/バイセイリアを経由して3時間半ほど。

 

ヨセミテをお昼過ぎに出発すれば、夕方には到着できます。

このスリーリバーズは小さな町ですが、セコイア国立公園を訪れる人向けのホテルは多いです。

ここで一泊し、翌日は朝から出発してセコイア国立公園を楽しみましょう。

Lake Kaweah(カウェア湖)

ここで、ちょっと余談。

スリーリバーズに行く途中に、絶景ポイントがありましたので、少し紹介しておきます。

それは、カウェア湖(Lake Kaweah)という湖です。

かなり大きな湖で、周りにはいくつか保養地がありました。

 

このカウェア湖沿いのドライブは本当に最高です!

思わず車を停めて、写真を撮りたくなるほど。

カウェア湖沿いの道は最高のドライブコース!

特に、サンセットは素晴らしい景色が見れます。

時間がある方は、ぜひ行ってみて下さい。

スリーリバーズ~セコイア国立公園

さて、話を戻して、セコイア国立公園。

スリーリバーズから、いざ出発です。

初めに注意点ですが、見所となる観光スポットまでは、かなり急な山道をドライブすることになります。

U字カーブの連続で、一時間くらいはかかります…。

以下のGoogle Mapで見るとよく分かると思います。(特に山道)

 

途中で、休憩ポイントがいくつかあるので、焦らずに大自然を楽しみながら行きましょう。

時間に余裕を持って、気楽に運転して下さいね。

山道に入ってしばらくすると、セコイア国立公園の入場口が見えてきます。

セコイア国立公園の入場口

ここで、入場料を支払います。

ヨセミテ国立公園と同じく、7日間有効で、30USドル。

セコイア国立公園の入場料は、キングスキャニオン国立公園と共通で30USドル!有効期間は7日間!

一日の観光ではもったいない!笑

すぐ北側にある、キングスキャニオン国立公園と共通になっているので、ぜひ時間がある方は合わせてどうぞ。

料金所を抜けてすぐ右側に、トイレ休憩所があります。

セコイア国立公園の看板もあるので、記念撮影しておきましょう。

セコイア国立公園に入場!看板は記念撮影におすすめ!

ここから、U字カーブの連続になりますので、お気をつけて。

休憩できる駐車スペースはたくさんありますが、必見ポイントを一つ紹介します。

10台くらい停められる広い場所なので、必ず分かると思います。(料金所から約30分ほど)

ここから、セコイア国立公園の山々を一望できます。

かなり標高の高いところまで来ましたね~

セコイア国立公園はジャイアントセコイアという木のイメージでしたが…。笑

パノラマ写真も撮影完了!

ここから20分ほどで、ようやく観光スポットに到着です。

セコイア国立公園の観光スポット

左側に駐車場、右側に博物館が見えたら、セコイア国立公園の中心部分へ到着です。

セコイア国立公園の博物館!オープンは9:00~16:30

ここの手前を右折して、まずはモロ・ロック(Moro Rock)を目指しましょう。

 

こちら方面に、オートログ、トンネルログ、クレセント・メドゥ等があります。

全て、車で近くの駐車場まで行くことができます。

Auto Log(オートログ)

モロ・ロックへ行く途中に、オートログという巨大な木があります。

この根っこ!巨大すぎます!

車で通ることはできませんが、上を歩くことができますよ。

Moro Rock(モロロック)

さて、セコイア国立公園の中でも有名な観光スポット、モロ・ロックに到着です。

駐車場は、10~15台くらい停めることができます。(もちろん無料)

ここから、頂上を目指して階段を登っていくことになります。

一応、トレイルコースと書かれていますね。

頂上までは、10分ほどで着きますが、水分はしっかり準備していきましょう。

階段はけっこう急です。

頂上に着くと、この景色!

最前線まで行ってみました。

超気持ちいいです!

最後にパノラマ写真を撮って終了。

セコイア国立公園は、ジャイアントセコイアだけでなく、こんな絶景も楽しめますよ。

Tunnel Log(トンネルログ)

続いて、クレセント・メドゥというトレイルコースを目指しましょう。

途中、トンネルログという写真撮影スポットがあります。

名前の通り、木をくりぬいて、車が通れるトンネルになっています。

ここで車から降りて、写真を撮るのが定番です。

Crescent Meadow(クレセント・メドゥ)

モロロックから車で5分ほどで、クレセント・メドゥの駐車場に到着です。

広い駐車場があり、30台くらいは停めるスペースがあります。

ここは、湿原のトレイルコース。

坂道もないですし、一時間弱で周れます。

なので、ぜひ時間をとって歩いてみましょう。

緑と青空がとってもきれい!

こんな風景が続きます。

もちろん、セコイアの木も見ることができますよ。

途中、道が良く分からなくなるポイントが多々あります。

私も何度か、”迷った?”と焦りました。笑

そんな時は、中央の湿地帯を目印に、進んでいきましょう。

トレイルコースは湿地帯の周りに作られています。

なので、常に湿地帯を左手(あるいは右手)に見ながら進んでいけば、必ず帰ることができますよ。

Sherman Tree(シャーマン将軍の木)

さて、トレイルを終えたら、いよいよセコイア国立公園の名物を見に行きましょう。

そう、シャーマン将軍の名が付いたジャイアントセコイアです!

こちらの駐車場はめちゃくちゃ広いです。

皆さん、この木を目当てに訪れるので、まぁ当然と言えば当然かもしれません。

お目当てのシャーマン将軍までは、トレイルコースになっています。

と言っても、わずか10分ほどで辿り着けます。

では、さっそく出発!

道は舗装されているので、歩きやすいです。

さすが有名観光スポット!

途中で休憩できるスペースまで用意されています。

10分ほど歩くと、お目当てのシャーマン将軍が見えてきます。

近くで見ると、このデカさ!

背が大きすぎて、全体が一枚に収まりません。笑

シャーマン将軍の木が、いかに大きいかについての解説です。

抜粋すると、

  • 根元の幹の直径は11m
  • 頂上の幹の直径は4.2m
  • 最大の枝の直径は2m(枝でも?!)
  • 根元の幹の周囲は31m
  • 重さは1,256トン
  • 体積は1,487m³(=バスタブ9,844つ分)
  • 高さは275feet(≒84m)
  • 樹齢2,200年

 

……うん、デカすぎて想像つきません。

地球上で一番大きな木として有名ですが、高さと幅は最大ではなく、体積が地球一です。

尚、説明には、こんな面白い例えも書いてありました。

”人間がこのシャーマン将軍の木を見上げるのは、ねずみが人間(約1m80cm)を見上げるのと同じ”

なるほど、まさに進撃の巨人の世界…。

要は、それほどこの木がデカいということです!

さて、正面から写真撮影といきたい所ですが…

この行列!

大人しく列に並んで待ちましょう。

デカすぎてどう撮るか悩みますが、まぁこんな感じで。

満足したら、駐車場へ戻りましょう。

帰りは登りになるので、ちょっとだけ大変です。

入口の近くにはトイレに加えて、給水所もありますので、疲れた体を潤していきましょう。

 

以上、今日はセコイア国立公園の主な見どころについて紹介しました。

朝スリーリバーズを出発し、ここまでで13:00くらいなので、半日でけっこう観光できました。

ここからさらに北へ行くと、ビレッジやキングスキャニオン国立公園の方へ行くことができます。

私は引き返してさらに南下し、ロサンゼルスを目指しました。

では皆さん、良い旅を!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です